ほわ・ほわ・豆花まにあっくす~その先の台湾へ


台湾との出会いから今日までの記録です
by 草苺
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新のトラックバック
お気に入りブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:台湾乗り鉄 ( 28 ) タグの人気記事


ロードto清泉温泉 炒米粉食べたし時間は無し

なんだかんだでお昼ご飯を食べる暇もなく、
大急ぎで竹東駅への移動となっていた事に今頃気づいた私達。

「このままだと、内湾まで何も食べられないかなぁ・・・」

駅が見えてきたのに、めぼしいお店は皆無の様子。
f0172386_2339226.jpg

そんな私達に、一筋の光がっ!
竹東駅前の大通りをはさんだ対面に、
地元客で繁盛しているお店を見つけたのです!
老公は先に切符を買い、2人分の荷物を見ながら電車で待つ事に。
f0172386_23404469.jpg

店内の先客達は、それぞれ美味しそうなお料理を食べている~
でも「没有時間!」 電車の発車時刻まであとわずかなんですぅ・・・
何でもいいので簡単なものをプリ~ズ!

そんな時は「ビーフン」という選択肢で。
(ちなみにこの炒米粉、シンプルながらほんっとおいしかった!
程よい細めんは弾力があり、盛りだくさんの野菜はシャキシャキ。
味付けも濃すぎず薄すぎずで丁度イイ。
毎日食べても飽きないたぐいのお味で、一気に食べてしまいました。)
f0172386_23392297.jpg

あぁ~急がないと電車の発車時間だー!!!
果たして間に合うのでしょうか?
f0172386_23453160.jpg

[PR]

by cao-mei | 2007-03-18 13:11 | 第7次 台湾旅遊更新

ロードto清泉温泉「え~っと、ようやく第三天」

色々な意味で、長かった2日の単独行動もきょうのお昼まで。
まずは冷蔵庫の仙草をずずっと一気にやっつけて、
まだ寝ている宿のオーナーをたたき起こし、
てけてけ歩いて建国花市へと向かいました。

ここではお茶が買える場所があり、
開店準備中なのに、お店の奥さんはとても親切。
丁寧に何種類ものお茶を試飲させてもらい、
150gずつの小分けにも心よく応じてくれた。うるうる。
f0172386_13232733.jpg

宿に戻り、今夜の宿を決めようとあちこちへ電話。
ですが、目星をつけた内湾や竹東の宿は全敗!
最後の切り札新竹の旅社をどうにかおさえたら、
もういい時間でビックリ!
荷物をピックアップして急ぎ老公を迎えに空港へ。

そんな中、台北站の近くに胡椒餅の支店があるので、すかさずブツをゲ~~ット。
f0172386_13241652.jpg

お持込で、初の莒光号に乗り込む。 
ここのはもっちりした香ばしい皮と、スパイシー塩胡椒でシンプルな直球勝負のアンが
どぉ~んと入ってて、それはそれは食べ応えがありました。
小食な女性は「満腹注意報」でしょう~。
f0172386_13243139.jpg

莒光号は椅子がゆったりしていて、乗りごこちもよく、アーっという間に桃園に到着。
もっと乗っていたかった~!のですが、老公が待っているためそうもいかず・・・
f0172386_13251762.jpg

あわてて駅前から空港行きのバスに飛び乗ったら!?
こーれーがー、30分位で着くだろうという予想を大きく裏切り、
あちこち止って空港までかかった時間、なんと一時間以上!!!
やーらーれーたー!!!
大幅に遅刻してロビーでしばらく老公を探すと、遠~くのほうから見覚えのある姿がっ!
会えてよかったー!それからぐるぐる空港を三周もさせてホントーにすまんっ!
時間のロス&空港から新竹間はアクセスが超めんどうなので
この後は時間をお金で買うという苦肉の策。
(っていうとなんだかカッコいいのですが、タクっただけ)
1500元強という散財をしたわりに、あまり時間の節約も出来ず余裕もなくなったので
新竹の近場でおもしろそうだった場所へ出向いて見ることに。

その場所とは?
f0172386_13255693.jpg

えっ?おもしろそうとか言っている割に閑散としてませんかって?

たしかに少しばかり寂しい場所ではありますが、
こんなのもいたりでちょっと笑えました。
(・・・カメラ目線なのがなんかヤダ~!)
f0172386_13262980.jpg

[PR]

by cao-mei | 2007-03-17 09:06 | 第7次 台湾旅遊更新

ロードto清泉温泉 「阜杭豆漿で朝飯を」

kiyoさんのブログで見てから、
朝ご飯を阜杭豆漿で!の思いはつのる一方。
しかーし!自慢じゃないが得意技のひとつが朝寝坊!!!
ですが、旅先&食べ物がからむと早起き可能姉妹に(→単なるナマケモノとも言う)
この日も8時過ぎに宿主をたたき起こし、玄関をあけてもらう迷惑な客=草苺。
宿主さん、ごめんねー
f0172386_22353666.jpg

木柵線の先頭車両でプチ乗り鉄を楽しみ、例によって地下鉄出口を出ると迷子!
親切な小姐に手をひいてもらい、ようやく目的地へ。
う~ん、ここはなかなか分りづらい場所かも・・・
お店は、9時ちょい前でなかなかの賑わいを見せています。
魅力的なラインナップにあれこれ悩み、未体験の二つを内用で注文。
f0172386_22364165.jpg

鹹豆漿は醤油味なのでしょうか、
あっさりとしたお味のおぼろ豆腐のようなもの。
シラスやネギやかりかりした油條の組合わせも楽しめる。
蛋餅は蛋餅はぷるぷるしたクレープのような生地に
ネギ入りの卵焼きをくるりんと巻いた物。やさし~い塩味が朝にピッタリ!
f0172386_22383227.jpg

朝刊を読む小姐、静かに豆漿を味わう老人
ちょろちょろする子供、窓から差し込む柔らかい日差し
ローカル色にあふれる空間で、なんともこころ豊かな旅のひとときを味わえました。
f0172386_22402387.jpg

[PR]

by cao-mei | 2007-03-16 08:20 | 第7次 台湾旅遊更新

3度目は女2人旅 第四天 鶯歌で絶品の鴨に出会う

4日目はまた電車で日帰り旅。
お茶器を買いに鶯歌まで出向いて見ました。
台北から普通列車にゆられて約30分あまりと、ちょっと出向くには程よい距離です。
車両の渋さが泣かせるではありませんか・・・
f0172386_23251944.jpg

着いた鶯歌の駅前には、SLがどーんと。
この当時駅のまわりはそれ以外「これ」といったものが無くて
ちょっと寂しく感じたのを覚えています。
それにしても、レールが無いのにどうやって運んだのか???
f0172386_23254575.jpg

陶器街まで距離はそう遠くないため徒歩で。
途中交通量の多い道では、渡るタイミングが難しくて立ち往生!
やっと着いたらそこは思いっきり観光地。大勢の人で賑わっていますよ。

食べ物の屋台もけっこう出ていて、初のトマト飴体験~♪
子供の頃トマトにお砂糖をかけていた事もあり、
フルーツ感覚で美味しく頂きました。これは「アリ」でしょうー!
f0172386_2326841.jpg

さて、肝心の陶器を探さないと・・・
Cちゃんも欲しいものがあるため、時間を決めて各自でお買い物タイムです。
お茶器を捜し求めて端から端へとお店を見て回る事にしました。
毎度おなじみ、メモ作戦の始まり始まり~!
f0172386_23263268.jpg

お店によって扱う品物のレベルや品揃えが異なるので、
あちこち見て歩いて「これ!」という茶器に出会えるまでが結構大変!
合羽橋道具街での買い物と通じるものがありますね~
f0172386_2327094.jpg
 
行きつ戻りつ探した甲斐あって、
ようやく欲しいものをすべて手に入れほっと一息。
f0172386_23272134.jpg

陶器街の奥にあったこちらのお店は、
センスの良い品物が割安で売っていて対応も親切。
途中で引き返さなくて良かった・・・
f0172386_18462310.jpg


かなり満足の買い物を終えて、お腹も空き始めました。
駅からの道すがらチェックしていたお店へ行こうか~と言う事になり、
入ったのがこちらの鴨料理店。お客さんの入りもいい感じです。
f0172386_23303176.jpg

鴨・炒青菜・鴨麺とシンプルに看板料理をオーダー。
訳がわからず鴨一羽分という私達に、
「それでは多すぎるよ~」と適量をアドバイスしてくれる親切な老板。(店の主人)
f0172386_2331187.jpg

骨が邪魔なのを除けば、鴨は味わい深くて弾力もありとても美味しかった!
あっさりした麺に入れたりしてもGOOD!
シャキシャキの青菜と共に、大満足のランチとなりました。
f0172386_23314585.jpg

[PR]

by cao-mei | 2004-12-12 15:19 | 第3次 台湾旅遊

3度目は女2人旅 第二天 ダープープーを探せ!

十分駅からは歩いてダープープーを目指します。
おっとその前に、おやつでエネルギー補給をしておきましょう!
・・・ハムタロウというのが脱力感満載ではありますが・・・
お味は普通のカステラパンで、普通に美味しいです。(なんかやっつけな感想・・・)
f0172386_2303153.jpg

さて、この「ダープープー」駅からは真っ直ぐ進行方向に歩いて行くらしい。
この時は標識とか看板のたぐいがnothing!
いつの間にか住宅街に迷い込み、その辺にいた皆さんに道を聞きまくる。
どうも右手に見えている川沿いを歩いていきなさいという事らしい・・・
丁寧に教えられたのに、相変わらず良くわかっていない私たちは
うろうろ・・・あー、うろうろ・・・。  ひたすら右往左往。
遠くから見ていた地元のお兄さん、さっき教えてくれたのに
またわざわざバイクで追いかけて来てくれて、途中まで親切に案内してくれました。

そんなこんなでとても判りにくい道でしたが、
更に途中線路の上を歩いたりスリルを味わえるその1 
f0172386_22463343.jpg

つり橋なんかもあってスリルを味わえるその2 
f0172386_22241641.jpg

など、ちょっとしたアトラクション気分が味わえます。
軽くビビリながらも、スリルあふれるハイキングの末
(景色はなかなか気持ちいいです!)
なんとかダープープーの入り口までやって来ました。
f0172386_22235950.jpg

けっこうな入園料!をボッタくられ払い、
f0172386_22243549.jpg

降りだした雨の中、整備された遊歩道をテクテク歩いて行くと・・・
f0172386_22245674.jpg

目の前に大きな湖が現れます。
f0172386_22251554.jpg

お!滝が見えてきました!響き渡るゴーゴーという大きな音!!
これはもしや~~~
f0172386_22255581.jpg

そうです、これが見たかった「十分大瀑布(ダープープー)」(注:音が出ます)
でございます。
さすが「台湾のナイアガラ」と自称するだけあって、
その規模はスゴイ!!
f0172386_2226141.jpg

近づくと、迫力のマイナスオゾン攻撃をあびまくりー。
もう雨だか水しぶきだか分からん!!
これは参ったー!とばかり、すごすご退散。
教訓:近づくときは水しぶき要注意!
f0172386_22263221.jpg

園内は割と広いので、散策には時間に余裕を持って・・・がいいかもしれません。
お天気の良い日に、お弁当を持ち込んで一日ゆっくりしたかったなぁ~。
思いを残しつつ、苦労してたどり着いた道をこんどは楽勝で駅に引き返す私たち。
列車を待つ間、十分駅近くで仕入れた激ウマ鶏巻にビール飲みたいモードが
どうにもこうにも盛り上がって困りました。

十分の街というか、駅の周辺はこれまたノスタルジックな風景なんです。
映画のセット?のように、味わい深い雰囲気がもう最高。
本当に、後にするのが切なくなるステキな街でした。
いつか又、必ず再訪したい場所のひとつです。
f0172386_22484515.jpg

[PR]

by cao-mei | 2004-12-10 18:35 | 第3次 台湾旅遊

3度目は女2人旅 第二天 平渓線乗り鉄もう最高!!

「深坑」から平渓線「青桐駅」までは、本数が多くは無いのですがバスで行くことも可能。
街や山をぬって走るバスからの眺めは、変化に富んでいて飽きさせません。
乗っているだけでもかなり楽しめました。
30分くらい走ると、山間の駅「青桐」に到着。
広場のオブジェには、かつて石炭を運んでいた平渓線の名残が感じられます。
f0172386_22542011.jpg

あたりには商店が何軒か。あとは、のんびりした犬が2匹。
静かな昼下がりはワンコと一緒にくつろいでしまいたくなる・・・
f0172386_16195061.jpg

なんとものどかな山間の風景に、ぽっつりと佇む駅舎。
日本の田舎でも今ではなかなか見られないようなローカルさに、もう釘付け!!
ステキな駅には、撮り鉄でなくても写真を撮りたくなってしまう何かがある!
f0172386_17221862.jpg
 
ステキ駅舎にはお似合いの静かな雰囲気のホーム。
電車が入ってくると一瞬賑わうのですが、あとはまた静寂の世界。
ぼーっとくつろいでいると、時間が止まってしまったかのようでした。
f0172386_22551891.jpg

この先に続くものはなんだろうと、線路にも思いを馳せる。
f0172386_22555520.jpg

線路のあちら側には古い建物。鉱山の後でしょうか?
これまた歴史の生き証人といった風情です。
時間があれば、近くに行って見たかったのですが・・・なんとも残念!
f0172386_18334766.jpg

そんな私たちを見守るように、ホームでは椰子の木が揺れていました。

              トロピカ~~ル♪♪
f0172386_18333392.jpg

のんびりのんびり青桐駅でのひと時を過ごし、
いよいよ平渓線乗り鉄旅へと出発です。
f0172386_1834442.jpg

山を抜け、渓谷を望み、南国の木々を眺めながらの列車旅、
台湾でも屈指の路線では?と思えるほどの充実感でした。
まだまだ乗っていたくなるような美しい景色の中、
f0172386_18343425.jpg

途中下車する駅に着いたようです。
その場所は天燈揚げでも有名な「十分」
うわぁ!とってもレトロ~
f0172386_18345355.jpg
 
[PR]

by cao-mei | 2004-12-10 14:12 | 第3次 台湾旅遊

2度目は地方へ 第一天 台南の駅舎はまぶしい白さ!

「台北もいいけど、台湾は地方がいいんですよ~」
今となっては、もうどこで誰から言われた言葉なのか覚えていません。
ですが、初めて訪れた時に聞いたこの言葉が忘れられず、
翌年は台鉄を使って台北以外の都市を回って見ようという事になったのです。

空港の最寄は桃園駅ですが、一度有名な「豪華バス」というものに乗りたくて
台中までは、飛んでるワンコが目印の飛狗バス。
社長気分を味わえるふかふかソファーで、アクセスも楽々でした。
台中駅のすぐ近くで止まるし、使い勝手の良さも想像以上。
(これで台湾のバスにはまった人は、他にもいるに違いない・・・)
駅の窓口では緊張の筆談で切符を買い、自強号で台南に向かいます。
f0172386_11491396.jpg

白亜の駅舎が南国ちっくな台南駅。
この街でどんな事が待ち受けているのか、想像するだけでわくわくして来る・・・!
そんな思いをかきたてる風情が漂っていますね~。
f0172386_11415950.jpg
 
2連泊したのは「地球の歩き方」に載っていた光華ホテル。
台南駅からは歩いてすぐ。乗り鉄旅派には嬉しい限りの立地条件でお値段もマル。
また受付の小姐は英語を話すので、やりとりも気楽でした。

早速「今夜は夜市に行きたいんだけど・・・」と言うと、
がさがさとカレンダーを広げて「今夜は花園夜市の日ね!行き方は・・・」
おもむろに何やらメモを書き始めました。
「ちょっと遠いからタクシーで行ってください。運転手さんにはこれを見せればOK」
で、なんの苦労もなく夜市に到着。
小姐、あなたのGJに熱くお礼を言わせてー!

立ち並ぶ食べ物の屋台や射的、輪投げなどのゲームに熱くなる人々・・・
南国は夜市も人もアツイ!
圧倒されまくって初日の夜も更けていきました。
f0172386_11443620.jpg

[PR]

by cao-mei | 2003-12-07 22:12 | 第2次 台湾旅遊未完

台湾との出会い旅第二天 鉄道とバスで基隆&九イ分

2日目は直通バスで台北から郊外を目指します。
まず最初に向かったのが基隆。

台北駅の近くにある国光バスのターミナルからは、
ひんぱんに基隆行きが出ていて、所要時間も1時間を見ればほぼOK。
初心者にとって、実は海外の鉄道というのが以外と難敵だったりするので、
この直行バスはとても利用価値が大きい。
f0172386_15285083.jpg

淡水河の流れや、ビル群が緑多い住宅地に変わっていく風景を眺めていると
あっという間に基隆駅まで来てしまいました。
f0172386_17523957.jpg

次は駅前で路線バスに乗りかえて金爪石へ。
このバス停、ちょっと分りづらい所にあったのですが、
有難い事に親切なおじいさんがバス停まで案内して下さった。
金爪石へは、まずバスで瑞芳→そこから金爪石行きのバスに乗り換えるらしい。
f0172386_1759966.jpg

分らなくなったら筆談で!とメモを握り締めて乗車。
瑞芳に着くと、ほとんどが九イ分に行くお客さんだったので
あっけなく乗りかえ完了~
九イ分で降りるお客さんを見送って、後は金爪石までバスに揺られて行きました。
山を越えて着いたのが、かつて炭坑の町として栄えた場所「金爪石」
町では今でも当時の面影を残しています。
トロッコの線路、日本家屋、山の上には神社の跡が・・・
f0172386_19144516.jpg

「非情都市」という映画の舞台だった事で知られる九イ分。
「千とちひろの神隠し」のモデルにもなっているのだとか。
観光客の肩と肩がぶつかりそうに狭い路地には、
お土産屋さんがずらりと並び、
そぞろ歩いているだけでもうワクワク。

両脇にはエキゾチックな家並みが続く、海を臨む高台の階段。
そのうちの一軒「阿妹茶屋」の窓から、お茶を飲みながら眺めたのは
悲しげな雲の下に広がる絶景。
わざわざ台北から足を伸ばすのに値すると言えましょう。
f0172386_19103095.jpg


九イ分観光の後は、またバスで瑞芳まで。
乗りかえで基隆に戻り「美食の宝庫」基隆夜市の晩ご飯タイムです。

基隆で有名なのがデンペンツォという独特の麺。
ニンニクの効いたあっさりスープに浮かんだ板状の麺は、
くるくるっとカールしていてカワイイ。
慣れるまでは食べづらいのですが、大好きなひと品です。
廟の両脇に2軒お店があって、毎回どっちにしようか迷うのですが
何故かいつも向かって左側ばかり。ずーっともう一軒が気になっています。
f0172386_18411483.jpg

帰りは基隆駅がシンプルなのと、目的地が台北と分りやすいため電車を利用。
販売機の前で「全票」「半票」の違いが分らなくて悩んだりしつつも、
快速並に早い列車で快適に台北駅まで戻れました。
f0172386_2375018.jpg

[PR]

by cao-mei | 2002-02-10 17:47 | 第1次 台湾旅遊