ほわ・ほわ・豆花まにあっくす~その先の台湾へ


台湾との出会いから今日までの記録です
by 草苺
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新のトラックバック
お気に入りブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:台湾スイーツ ( 38 ) タグの人気記事


老師ーちゃんと初夏台北 第一天 龍都冰菓専業家の芒果冰

それでも民権西路~台北駅と徒歩&地下鉄移動が効いて、
どうにかお腹にスイーツのスペースが空いた22時。
ダイエットの文字を忘れて芒果冰行って見よう!と
「八寶冰」で有名な、龍山寺の龍都冰菓専業家まで急ぎ足。
f0172386_18421966.jpg

おおーっ!こんな時間なのにほぼ満席で、
その上ひっきりなしにお客さんがー!
とどめはフルーツてんこ盛りディスプレイ!!
果物好きにとっては大歓迎のプレイとも言う?
こーれーは、期待していいですよね♪ね♪
f0172386_18425818.jpg

芒果牛ナイ冰はきめ細かいフンワリ氷に
カットしたてのマンゴーが
マジですか!?なレベルでどっさりと!!
f0172386_18423896.jpg


アングル変えてもう一枚追加でー。

甘さと酸味のどちらも強いので
練乳と混ぜると素んばらしいハーモニーです!
息をするのも忘れる勢いでハイ、完食ーっ!
初日からこんなにレベル高くて後が続くか逆に心配~
f0172386_2013250.jpg


そんなテンション高レベルのまま台北駅裏のショップへ。
閉店間際にむりくり滑り込んで、
映画見て欲しくなった「海角七号」のサウンドトラックや
蘇打緑の新譜を始め、
購入したかった物をほぼ手に入れ思わずにんまりでした。
f0172386_19504648.jpg

[PR]

by cao-mei | 2009-06-19 22:00 | 第10次 台湾旅遊

老師ーちゃんと初夏台北 第一天 空港からドアtoドアの晩ご飯

到着後はすーちゃんのお父さんのツテで、
台北のホテルまで送迎とV.I.P待遇。
台湾の個人旅行では初の「空港~ホテル ドアtoドア」です。
ひやっほううう♪♪と、どこまでも小市民な私。

道路は帰宅時間真っ只中でプチラッシュでしたが、
クーラーの効いた車は快適この上なくて。

オーディオから流れてくる
「庭竹」とか


「王心凌 シンディー・ワン」の曲に耳を傾け、
(ちょっと昔の曲のようだけど、覚え易いメロディーラインが可愛い)


あーだこーだお喋りしてたら、
あっという間に中山エリアの穴場飯店に着いちゃいました。
このホテルは、いわゆる「夜の日本人学校街」にある
出張族御用達っぽいビジホ。
値段の割りに小ぎれいで日本語も通じて、何よりも足の便が最高。
私もひとり旅の時重宝してます。
f0172386_1643394.jpg

ドアtoドアというのに、な~んか疲れたので
晩御飯へはタクシーを利用。
もうさー、一度贅沢覚えたらだめよね~~!の
えせレブなふたり。
向かった先は、とあるブログ情報で知り3月の訪台時に超気に入った、
錦州街の「徳恵[我鳥]肉」
f0172386_16581579.jpg

徳恵の燻製[我鳥]肉と言えばこの美しいスライス加減。
ビジュアル的にもステキで、お味もちょうどよい塩梅。
何より歯ごたえと柔らかさのバランスがとても絶妙です。
f0172386_16584426.jpg

あっさり意麺は途中からのお楽しみが待っていて、
f0172386_1659354.jpg

燻製を乗せることで、「一粒で二度美味しい」グリコ状態。
(↓撮影する気なかったのがバレバレ・・・)
f0172386_16592543.jpg

こちらもあっさり地瓜炒めは
ピリッとした辛さがあとをひく美味しさだし、
f0172386_16594549.jpg

柔らかい竹の子の甘みが引き立つ、
上品な塩味のスープも美味しすぎ!
f0172386_17092.jpg

追加で頼んだ極細米粉、お味は台湾仕様やや現地向け?
意外のボリュームで、すっかりお腹が一杯に。
f0172386_170347.jpg

お店ではなぜだかまたしても台湾人に間違われる出来事が。
しかもすーちゃんに「日本語上手ですね」って・・・
私の日本語も聞いていたはずなのに何故~~~

食後は昨年超ツボだった「85℃」の愛玉ドリンク。
中華の後でさっぱりした愛玉の美味しさは格別!
別件で西門へ向かわなくてはならないすーちゃんも、
急ぎ足で飲みながら大絶賛。
落ち着いて味わえなかったのがほんとうに残念(涙)
f0172386_1705657.jpg

[PR]

by cao-mei | 2009-06-19 19:52 | 第10次 台湾旅遊

6月台湾 季節柄印象的だった物とか

6月の下旬、中国語の老師でもある友人と台湾に行って来ました。
前回に引き続き、美味しかったものや感動したものをいくつか
ダイジェストでUPしちゃいます。

食べ物系に行く前に、まずは
MRT中山駅から中山北路に向かう途中のショップ「Accessorize」
エスニックテイストのバッグやアクセサリーが個人的に超ツボ!
日本にありそうでなかなか無いデザインや、
色使いがポップ可愛いもの達が多く
どれも凝っているのにお値段のラインナップが軒並みお手ごろ♪
見てたらあっという間に時間が過ぎちゃいました!
f0172386_091238.jpg


中山駅と言えば
とろり~~んと完熟マンゴー&ふわっとバターの香りが広がる
中山bLenderの「マンゴークレープ」
f0172386_2354849.jpg
 

士林の阿忠冰店の芒果冰(雪花冰タイプ)
・・・某~さんへのサービスショット!?
f0172386_21224071.jpg


旬の果物たち。
マンゴーも
f0172386_21262547.jpg

ライチも味が濃厚甘さも最高!!
f0172386_21271328.jpg

実がぱーーーんとはって、中には美味しいジュースがどっさり♪
f0172386_21282542.jpg

木瓜牛ナイもシーズンオフとは味も香りも違ーう!
f0172386_21293965.jpg

某香園の西瓜ジュース。
西瓜そのもの以上にスイカスイカしていて、旨い!
スイカのテーブルで飲むと、更にうまさ倍増!?(ぜひ赤いほうで~)
f0172386_21231136.jpg


街のあちこちで出会えるお花も、夏ならではの華やかさ。
「蓮その1」(空港近くの蓮畑)
f0172386_21234056.jpg

「蓮その2」(廟の境内)
f0172386_21492780.jpg

「水蓮」
f0172386_2124367.jpg


おやつやお土産の買出しに、
何かと欠かさなかったコンビニチェック。
パケ買いしたら以外にヒットだったMr.Brownのマカダミアナッツ味の缶コーヒー。
手ごろな値段で、お土産にも良さそうです。
f0172386_21322559.jpg

台湾のゆるキャラオープンちゃん(OPEN小将)グッズもますます充実。
ついにi-cashに手を出してしまいました。
故宮博物院の白菜バージョン、真可愛~~
f0172386_21243341.jpg

「では、今日はこれにて拝拝~~(バイバイ~)」
(て、他是誰ー?↓)
f0172386_2138532.jpg

[PR]

by cao-mei | 2009-06-10 21:01 | 第10次 台湾旅遊

これから渡台される皆さんへ、ちょっぴり現地情報

3月の下旬から4月の頭にかけて、9回目の訪台をして来ました!
旅行記のアップは未定なので、台湾ダイジェストを少しばかり。
f0172386_23433959.jpg


今回一番頭を悩ませたのは服装。
「地球の歩き方」のHPでは(日々更新されているのでお役立ち度大!)
暑い日と寒い日の服装の落差がけっこうあるらしい。
これを参考にしつつ、寒さには重ね着作戦で乗り切ることにしました。
私達の滞在中の台北は、どんよりした日が多くて東京と変わらない格好で良い感じが。
f0172386_2356104.jpg

ただ、晴れると日差しが強くて涼やかな風もあり、
半袖でもOKなくらい初夏の爽やかさいっぱいでした。
f0172386_034494.jpg

出始めながら甘味もまずまずの土マンゴー、あちこちで出回ってましたよ。
f0172386_23595295.jpg

お値段高めながら愛文もちらほらと。
f0172386_2344276.jpg


スイーツのメインは季節柄まだ苺や柳丁が多い印象。
柳丁(ミカン)と言っても、日本で言うところのタンカン。
f0172386_043296.jpg

これを惜しげもなくジュースにしちゃうんですから贅沢ですよね☆
目の前で絞ってくれるタンカンのフレッシュジュース屋さんがあったらぜひに!
f0172386_23532820.jpg

こちら~さんで気になっていた士林「阿忠冰店」
フレッシュな苺をふんだんに使った草苺雪花冰がそれはもう絶品!
f0172386_23484328.jpg

百菓園で食べた苺のアイスは、ホントの苺以上に濃厚なイチゴ味。
個人的に超ヒットでした。
f0172386_23452519.jpg

あとはパッションフルーツも要チェックのひとつ。
台北牛乳大王でも、マンゴー絡みにはまだ早いって事で
百香果優酪乳(パッションフルーツヨーグルト)
酸味×酸味が心地よい爽やかさ!疲れに効きます~♪
f0172386_2354193.jpg

ブログで話題になっていたMövenpick(モーベンピック)でも、
パッションのアイスがこれまた濃厚&酸っぱくてうまうま!
(ちなみにお味もリッチな美味しさですが、お値段も2球180元と台湾ではリッチな領域)
台北駅の2階(微風広場)にもショップがあるので、列車の待ち時間にも使えて便利!
f0172386_23454717.jpg

最後に、年々侮れない存在になってきたセブンイレブン。
東港桜海老おにぎり&シラスおにぎり共に発売中でした。
f0172386_23462127.jpg

つるしこ玉子麺が かなりハイレベルな涼麺も、ぜひお試しアレ~
f0172386_23464893.jpg

[PR]

by cao-mei | 2009-04-06 23:31 | 第9次 台湾旅遊

初夏の南台湾旅 第七天 帰国の朝はいつもの追い込み

いよいよ台湾から帰国の日。
たいてい14時台か16時台の便で帰るので、
お昼くらいまでは時間を有効に使えます。

ということで今回も朝~午前中と、
めいっぱい怒涛の買い物に励みました。
以下はその成果。(食べ物ばっかり!!というツッコミは無しで~) 

ここの所、帰国日の朝イチでパンを仕入れるのが定番化。
福利麺包でガーリックフランスをはじめ5~6個のパンを購入しました。
ペストリー系はしっとりふわっとした生地で小豆と合う!
この組み合わせ、日本ではありそうで無いのがすごく不思議~
f0172386_17111310.jpg

カットされたニンニクがゴツゴツと入ったバターが
たーんまりと塗られたバゲット。

ニンニク度の高さがスゴイので、
にんにく好きにはたまらないものが。
スライスしてかるくトーストするだけで、驚くほどウマイ!!のです。

人気があるので売り切れ必須!?
見ている間にもどんどん売れてました。
絶対買いたい!という方にこっそり朗報♪予約できます。
長くて持ち運びが大変!という方にもこっそりと・・・
お願いするとカットしてもらえます♪
で、ニンニクの香りが豪快なのでジップロックは必須!
(空港行きバスで「このニオイ何?」な雰囲気はツラかった・・・)
f0172386_0113567.jpg

同じく福利麺包のプリン。
保冷バック&保冷剤の重装備でのお持ち帰りが効を奏した様で、
お家で食べても没問題でした。

私は今流行のとろりんタイプより、
昔ながらのしっかりしたプリンが好きなので
ここのコクがあって程よい甘さにビターカラメル
というシンプルな美味しさにやられてます。
f0172386_024111.jpg

同じくがっちり保冷でお持ち帰りのミルクハウスのチーズケーキ。
台湾のチーズケーキのレベルの高さにはいつも驚かされるのですが
ここの完成度の高さは、
日本の美味しいチーズケーキと遜色ない!>草苺比
f0172386_1716279.jpg

爽やかなチーズの味を
軽くてフンワリしゅわ~んとした口当たりに仕上げてて
なんとも上品な美味しさです。
濃厚タイプが苦手な方にもこれならOKなんじゃないかな。
f0172386_1714782.jpg


ずらりと並んだのはスーパーでみつけたお土産の数々。
どんなもんかなぁーと初めて台湾産のコーヒーを買ってみましたが、
くせもなく飲みやすかった!
いつもお茶ばかりなので違うものを!という時におすすめです。

花生糖は絶対はずせない物のひとつ。
見た目通りの味&テクスチャーだけど、
やめられない止まらない~になるらしく、必ずリクエストされます。

台湾の黒砂糖や塩は素朴でお料理がマイルドに仕上がるので
重さが気になりつつお土産の定番に。

中でも「森永の紅豆キャラメル」は今回一番のヒット!
ハマる美味しさでばら撒き用がほとんど自分用に。
でもこれって、もしや日本にもあったりするのかな?
って言うかあってほしいと願う今日この頃。
f0172386_065427.jpg

和昌茶荘で購入した茶葉。
お願いするまえに「100gずつにしますか?」と聞いてくれる細やかさ。
スーパーで購入した鳥龍茶とプーアール茶のティーパックは
時間が無くても手軽に美味しいお茶が飲みたい時の強~い味方です。
f0172386_072255.jpg

台北の乾物街「迪化街」ではナッツやドライフルーツを。
肉厚で香りと甘みが抜群にいいマンゴーは、
試食しまくった末決めたもの。
f0172386_1722163.jpg

松の実は、バジルでジェノベーゼソースを作る母に。
在台マダムおすすめの胡桃のあめがけは絶品!
食べ始めると止まらないので要注意です。
DIY愛玉は興味深々で買ってみました。さてどうなるか~
料理の名脇役干しエビ、お茶請けにぴったりな蓮子の甘納豆、
老公のおつまみリクエストでいつも指名されるピスタチオetc・・・・
ここでの買い物はお店の人とお喋りしたり試食したり楽しい反面、
ついつい買いすぎてしまうのが難点で。これじゃ買出しだよと苦笑い。
f0172386_075048.jpg

来台したー!を実感のシンボルに「再見台湾」とついほろり・・・

    ・・・壊れてるしorz・・・

と、どこまでもゆる~い台湾クォリティーはご愛嬌。
f0172386_081467.jpg

空港で搭乗待ち中~
この辺りまでくると「ああ・・・いよいよ帰るのか・・・」なしんみり感と、
「早く帰りたいもんだー!」というど~でもいい感がせめぎあってます。
それにしても、待合室ガラガラ・・・
f0172386_084071.jpg

ピークのシーズンじゃないとは言うものの、機内もガラガラ・・・
せっかくハイテク機投入してるのにねぇ~
「頑張れキャセイ!」と帰りもこっそり応援。
f0172386_090100.jpg

行きの機内食が微妙だったので帰りは期待してなかったら
照り焼きチキンライスと付け合せの野菜が
思ったより好吃でラッキー♪

でもって「ニュウロウ?(牛肉) ジーロウ?(鶏肉)」と
中国語でフツーに空中小姐に聞かれる私@台湾人に間違われる頻度高

・・・いいんですけどね・・・

ご期待に答えて?カタカナ発音で「ジーロウ」と答え、
これで日本人だと分かったはずだよね??ね??
の期待も空しく、その後も対応はずーっと中国人仕様・・・orz

喜んでいいのか悲しんでいいのか
ガラガラのキャセイ並に微妙~な気分で終わった弟8次旅なのでした。
f0172386_091923.jpg

[PR]

by cao-mei | 2008-06-05 12:12 | 第8次 台湾旅遊

初夏の南台湾旅 第六天 行く先々でKYな私?その1

普段からKYな私ですが、
(この場合のKY=食いすぎ嫁の略 または買いすぎ嫁とも)
台湾では更に拍車がかかる傾向に。

双城街夜市の一角に、ぼーっと浮き上がる緑のネオンは健在で
つい吸い寄せられてしまう黄記(@改装前 現在は近所に移転)
f0172386_21503950.jpg

店先での「どうやねん!」と言わんばかりのお料理たちは
販促というよりむしろ反則。
f0172386_2155135.jpg

気分的に部屋食(?)したかったので
噂のコンロウ飯弁当を外帯。
トロっトロになるまで煮込んだ絶品のコンロウ。
脂がいい具合に落ちて、コラーゲン摂取が期待できそう♪
で、香菜がまたよく合うんだわ~
このお弁当、おかず2種類を選べるのですが
野菜メインの小菜たちがどれもこれも珠玉の美味しさ。
f0172386_21561471.jpg

ホテルがスープの冷めない距離なので、
排骨筍湯を外帯してもアツアツを頂けるのがステキ極まりなく。
やわらかくて甘みのある筍と、しっかり出汁がベースのスープ。
うまい!黄記最高~~~!
f0172386_21571913.jpg


食後に何とな~く足りない何か。
そうだ!食後のデザート!!
悲しい事にホテルの冷蔵庫に在庫ゼロ。
(いっつもたいてい何か入ってます・笑)
f0172386_21595678.jpg

バスの便という点では二重丸な宿なので、
中山北路から、
テキトーに北上するバスに乗り込んでデザートのためだけ
士林夜市まで出向いたりするのって、
台湾だからこそ出来る贅沢~。
台湾のデザートが秀逸だから
モチベーションが上がるというのもあるんだけどね。
f0172386_23113660.jpg


「銘傳大学」で降りて中山北路を横断、更に細い路地を歩いた先は
マンゴーの時期に訪台する事があったら絶対来る!
と、機会をねらっていた「辛發亭」
f0172386_2312430.jpg

お店にはカキ氷の大きな写真があったのでオーダーは楽でした。
ちょっと要注意なのは支払いのタイミング。
ここは先払いのシステムらしく、
雪花氷を持ってきたスタッフが何やら話しかけてくるのですが、
暫くの間は「・・・???」な状態
やっと品物と代金が引き換えだと言う事に気がついて、
スタッフもようやく笑顔に。
マンゴー氷にありついて私も笑顔返し(早く気付けよって話ですが)
だって、ねぇ・・・

これですもん♪
f0172386_2330312.jpg


絹糸のようにきめ細かい氷
不思議となかなか溶けません。
濃厚な甘さととろける食感のマンゴー&たっぷりの練乳
あははーーー!!!
美味しくてもう笑うしかない~~
f0172386_23303087.jpg


他にも誘惑だらけの士林夜市なのですが、
他のお店に寄る気さえ奪ってしまう位の破壊力。
食後はホテルへまっしぐら。
人呼んで(呼ぶのか?)「辛發亭直行直帰」となりました。
f0172386_23305957.jpg

[PR]

by cao-mei | 2008-06-03 22:30 | 第8次 台湾旅遊

バーチャル高鉄台中から「日出旅人」に行ってみよう!

台中に美味しい鳳梨酥(パイナップルケーキ)があるという
Sさんのブログの記事を読んで以来、
ずっと気になり続けておりまして・・・
今回高鉄&免費シャトルバスを使って訪ねてみました。
この方法はかなり分かりやすくてオススメ出来そうです!
f0172386_23222534.jpg


高鉄「台中」で新幹線を降りて改札口を出たら、
シャトルバスの案内表示の示す方向へ。
f0172386_2313442.jpg

私は迷ったのでインフォメーションで聞きました。
ついでにシャトルバスのパンフレットを見つけたので安心感UP!
f0172386_2220071.jpg

やる気満々だと思いません?15分間隔ですよー!!
f0172386_22504087.jpg
1階にあるバス乗り場で待っていると、ほんとうにすぐバスが来ました。
(写真はバスの車内から乗り場を見た所)
f0172386_22381855.jpg

シャトルバスは路線が2つあるので、SOGO百貨に行くほうに乗ります。
f0172386_22391513.jpg

ちょっと見づらいのでパンフレットのも。
(クリックで大きくなります)
f0172386_22411449.jpg

SOGO百貨前で下車したら、地下道で道路の反対側に渡ります。
バスが来た方向に少し戻る形で歩いて行くと、
前方の橋を渡った所に「日出旅人」が見えて来ます。
f0172386_2244850.jpg

綺麗でセンスの良い店内には、どれもこれも美味しそうな珠玉のお菓子がずらり!
f0172386_22511551.jpg

濃厚かつ爽やかなチーズケーキや、柔らかいヌガーなどなど・・・
気になる物は試食させてもらえましたよ♪
意表をつかれるライブラリー風ディスプレイ。エスプリを感じますね~
f0172386_22513886.jpg

パッケージが本の形だったり、(牛乳糖は辞書の箱!)
小包風だったりで、開ける前から心くすぐられる演出ではありませんか~
(個性的な美味しさの鳳梨酥の感想は、又別の機会に書きたいと思います。)
f0172386_2254152.jpg

この後は台鉄で台北に戻る行程だったので、
タクシーを拾って台中駅までお値段125元。
また高鉄台中まで戻る際シャトルバスを使えるかどうか分からないのですが、
乗れるのであれば更に便利ですよね・・・。
[PR]

by cao-mei | 2008-06-02 10:30 | 第8次 台湾旅遊

初夏の南台湾旅 第五天 南部旅の打ち上げは花園夜市で

南部最後の夜。
ホテルからタクシーで向かったのは花園夜市。
f0172386_10214048.jpg

ここに来たのは5年ぶりですが、
前回も人・人・人に圧倒されまくり、今回もやっぱりすごい賑わいでした。
f0172386_1022647.jpg

たっくさんの屋台の中で、さっそく目に飛び込んで来たのが「エリンギの唐揚げ店」
でもねーこのイラストがエリンギというのはさすがに強引でしょー。
・・・どこからどう見ても毒キノコ(笑)
f0172386_10222873.jpg

内湾で衝撃的なエリンギとの出会いをしてからというもの、
もう台湾の唐揚げ=エリンギの公式が頭をぐるぐると・・・
エリンギの歯ごたえという点からはいまひとつ納得できないものの、
味と揚げ具合はさすがのクオリティー。
(・・・ってエリンギの唐揚げを熱く語るのもアレですが)
f0172386_10225225.jpg

惚れぼれしそうにお見事!な小姐の手さばき。
これぞプロの仕事って感じ?
f0172386_10232220.jpg

揚げ物つながりで、こちらは鶏のから揚げ店。
f0172386_10234845.jpg

こちらもからりとした揚げ方はマニュアルでもあるの?的な模範生。
あえて鶏肉のジューシーさをも少しプリーズ!と食べる側のハードルもつい上がります。
f0172386_1024640.jpg

美味しそうな白ソーセージ!
わーい台湾でヴァイスビュルストに会えるなんて!
と思ったら、・・・あれ?中はもち米もっちもち~です。
個人的にもち米系大好きなのでこれはこれでアリ!
ですが、なんか不完全燃焼のまま終わる~
f0172386_1024307.jpg

お店はとても人気があって、この夜一番待ちました。(といっても10分未満)
f0172386_10244916.jpg

更に台湾の屋台を語るブログで人気沸騰中?の地瓜球店を発見!
f0172386_10251117.jpg

ぷくっとまんまるな形がカワイイ!
ほんのり自然の甘みを生かしたお味でしたが、
黄色と紫の味の違いがよく分かりませんでした。
芋ソムリエ(あるのか?)にはなれないわね~
f0172386_10253147.jpg

5年前は焼売とタピオカミルクティーを買うのでいっぱいいっぱいだったよねー
と感慨深いものがありつつ、
揚げ物に始まり揚げ物に終わる~なコースも終わった頃、
気になる愛玉の屋台を発見。
もうこれ以上は無理!という時になって何故・・・!
運命のいたずらを呪いつつ、タクシーでホテルへと撤収致しました。
f0172386_10281542.jpg

・・・あっ!よく考えたら外帯という手があったじゃないー(気付いても時既に遅く・・・)
[PR]

by cao-mei | 2008-06-01 21:52 | 第8次 台湾旅遊

初夏の南台湾旅 第五天 玉井の市場でまだまだマンゴー冰

ひっぱりまくりでしたが、ようやく憧れの「玉井マンゴー市場」に到着です。
気のいい白タク兄さんとはここでお別れとなります。謝謝~

市場はそっけない外観の建物ですが、それが逆にたまらなくもあり。
f0172386_1650152.jpg

なんたって一歩中に入ればマンゴーがずらーっと並ぶ壮観な光景ですからねぇ~
そこらじゅうマンゴーだらけ!あたりは甘~い香りで一杯です。
f0172386_16503269.jpg

しかも「マンゴー各種取り揃えております」とくれば、
マニア?にとっては拷問でしょう・・・
f0172386_1651242.jpg

なぜって?どうも籠単位でしか売ってくれないらしいのです。
真剣に交渉しているお客さん、羨ましすぎ!
f0172386_16513112.jpg

もう~なんて美味しそうなのかしら!!!
手を伸ばせばそこにあるのに触れる事のできないもどかしさったら・・・
旅人を詩人に変えてしまう玉井の愛文マンゴーおそるべし!!
f0172386_16515989.jpg

恐るべしといえばこのパイナップル量もかなりのものでした。
マンゴーに負けないくらいのいい香りがあたり一面に~
f0172386_16522949.jpg

更に「これは家庭で消費するのは無理だろう!」と思わずにはいられなかった
パパイヤの大盛り。っていうかこれはもう特盛りだよねぇ~!
どんな人が買うんでしょうねぇ~コレ。商売関係の皆さん?まだまだ奥深いです台湾。
f0172386_16525852.jpg

で、市場をうろちょろしてたら片隅に禁断のお店が立ち並んでいるエリアが!
ざっと「マンゴー冰」屋さんが3軒ほどあったりするんですよ。
f0172386_1711318.jpg

おじさんがゆるーくスタンバイ中の、マンゴー冰屋その1
f0172386_17115573.jpg

オネエ様たちが熱く客引きしているマンゴー冰屋その2
f0172386_17121629.jpg

店名&シンボルマークから先ほど食べた所の支店と思われるマンゴー冰屋3
f0172386_17124034.jpg


さて、ここで問題です。
草苺は何番のお店でマンゴー冰を食べたでしょうか?
え?また食べたの?という突っ込みはこの際あえて忘れましょう。

ヒントは↓の画像。(3では無いことが分かります)
鮮やかなカットマンゴーがどっさり乗って、絵的にもGOOD!
f0172386_1713177.jpg


食べた感想は
「ん~~~アイスも含めて最初の所に比べるとあっさりしてる感じ?」
出来ることならこちらを先にしておくべきでした。

とは言ってもやはり本場の完熟マンゴーたっぷりで十分満足できるお味かと。
(多少上から目線?)
オネエ様たちの営業っぷりもなかなか楽しめましたしね。
ってことで答えはマンゴー冰屋その2でしたー。

所でまたまたもれなく付いて来たトッピングの情人果。
これってデフォルト~?
f0172386_1713222.jpg

[PR]

by cao-mei | 2008-06-01 11:20 | 第8次 台湾旅遊

初夏の南台湾旅 第五天 愛文郷冰島で夢のマンゴー冰 玉井

甲仙でさくっとアイスを食べた後は、
またまた白タクで山道をゆられて次なる目的地「玉井」へ。
山と言っても、単なる山ばかりじゃないところがミソ。
何気に袋をかけて待機中の方たちも含めて、
お宝の山(マンゴー)がそこら中にっ!
f0172386_23401325.jpg

途中で景色の良いダム湖があったので、車を止めてもらって写真撮影。
山道ばかりだったのでこの開放感がキモチいいーー!
f0172386_23403348.jpg

なんと駐車場脇の斜面にもどっさりと実をつけたマンゴーがっ!これって踏み絵?
(撮るのは写真だけにしましょうルール発動中)
f0172386_23411149.jpg

車はこじんまりとした玉井の街に入ったものの、
お祭りの行列でしばらく動けなくなっちゃいましたー
こういう場合ラッキーなのかアンラッキーなのか(苦笑)
どうする事も出来ないまま、ご一行が通り過ぎるまで車窓から見物です。
それにしてもこの神様がいつも謎・・・(知ってらっしゃる方是非教えて下さい)
f0172386_23414110.jpg

さて、お祭り渋滞が解消したら「玉井」で最大のミッションに突撃~!
それはマンゴーに造詣の深いこちらを拝見して知った
「愛文郷冰島」でマンゴー冰を食す!というもの。

街中で親切なお兄さんにお店までの道を聞き、
大きな街道沿いをちょいとばかり走りました。
かなり看板が目立つので、運転手さんはすぐに分かった様子。・・・よかったよ~
街から歩くのは厳しそう・・・なので行かれる方はタクシーが無難かと思います。
f0172386_23475766.jpg

堂々と一角を占めているマンゴー関連のお土産コーナー。
試食もバッチリでやる気十分ですね!
f0172386_23433853.jpg

テーブルでメニューを手にしてみたものの、
片っぱしから注文してみたくなる魅惑のラインナップに舞い上がるー!!
チャレンジャーになるなら「雪泥」で決まりなのだが・・・雪の泥・・・すご過ぎる・・・
しかも「情人」果・・・ある意味ドロドロ感満載だわね~(笑)
f0172386_23485536.jpg

やはり鉄壁の「愛文郷芒果冰」で決めるのが王道という所に落ち着きましたが、
今思うと綿綿冰モノも捨てがたいものが・・・
隣のマンゴー冰は黄色いっていうアレですね。(微妙に言葉が違うのはスルーで)
f0172386_2344051.jpg

カウンターで注文する時に日本人と分かった小姐が、
私の言葉を理解する気まるで無しというハプニングがあったものの、
日本語のわかるおじ様の助け舟で
「あ、日本語で話してた訳じゃないのね・・・やだ~もう!」と、
がぜん理解しようモードに激変した時には笑っちゃいましたが。
f0172386_23441930.jpg

で、迷った末、非常に気になったので粒粒芒果汁(60元)も。
このオレンジ色の深さにご注目アレ~!
ネクターのマンゴー版という濃厚さでめっちゃ旨かった!!
マンゴーの美味しさそのものをストレートに楽しめて、非常にオススメです。
f0172386_23444882.jpg

芒果冰は香りの良いマンゴーがとろけるように甘くて最高!
アイスも濃厚でマンゴーの風味全開。
それぞれが美味しい上に、サラッサラの氷と混ぜて頂くと又調和の取れた美味しさが。
お値段の90元もあわせて
       ブラボ~♪とスタオベものです。
f0172386_23451754.jpg

オープンテラスも完備!
南国の風に吹かれて食べる「芒果冰」
想像するだけで心はわしづかみされちゃいそうですよね~。
f0172386_23453860.jpg


※「愛文郷冰島」
台南縣玉井郷豊里村60之19号 TEL:06-5749218
[PR]

by cao-mei | 2008-06-01 11:12 | 第8次 台湾旅遊