ほわ・ほわ・豆花まにあっくす~その先の台湾へ


台湾との出会いから今日までの記録です
by 草苺
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新のトラックバック
お気に入りブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:台湾の難敵バス旅 ( 33 ) タグの人気記事


ロードto清泉温泉 五峰の集落をぷらぷら

こじんまりした五峰の集落、とりあえずバスの道沿いにぷらぷら散策。
(ちなみに散策は帰りのバスで時間調整?なのか小休止したのでその時に。)
f0172386_1553882.jpg

集落を入ってすぐに現れた、かわいい公園?広場?
f0172386_1512553.jpg

小さいながらきちんと手入れがされているらしく、随所にお花も咲いています。
f0172386_1514146.jpg

展望台らしきものもあったり・・・!?って事はあれですか、ここは眺めのよい場所だと?
柵の向こうには良い景色があるって事ですか~?
f0172386_1522168.jpg

タタターっと柵にかけよったら、その向こうには
う~~~ん、良い眺めーーーん♪ちょっとお茶でもしたい気分になります。
実はこの時、興奮で足元見ないで走りより
ひょえ~~~!!
犬のブツをふんでしまいました(泣)
ま、運がついたということで!と立ち直りも早かったのですけどね。
f0172386_1532792.jpg

道沿いを往復するだけなら10分もあれば・・・という範囲。
小吃のお店でもないかなぁ~という淡い希望に歩いたのですが、
残念ながら願い叶わず・・・
f0172386_1541269.jpg

日本の田舎でもあまり見かけなくなった、
食料品日常雑貨その他もろもろのお店を発見。
もしかしたら、「コンビニエンスストア」という言葉がふさわしいのは
こういうお店なのかもしれません。
f0172386_1543545.jpg

お名残おしいのですが時間となりましたので、いよいよ清泉温泉へと参りますか~
f0172386_155687.jpg

[PR]

by cao-mei | 2007-03-18 13:10 | 第7次 台湾旅遊更新

ロードto清泉温泉 ついに着いたよだがしかし!

五峰の集落をあとにした、清泉行きのバスはがしがし山道を進んで行きます。
山道は続く~よ~どーこまでも~~
f0172386_1513366.jpg

どんどん山の奥へ奥へと走るバス。
いいんだよねこのバスで。ちゃんと着くよね?
この時点ですでに他のお客さんもおらず、
けっこう心臓バクバクで乗り続ける乗客の私達。
f0172386_1514185.jpg

ヒィ~~~!・・・も、もしや
山崩れちゃってたりしてますかー!!!
f0172386_15142924.jpg

どんより不安な気分と同じくらいどんよりした雨雲に、心細さもMAX!
そんな所へ希望の光が~
集落ですよ、奥さん!
f0172386_1515839.jpg

ようやく終点の清泉温泉に着いたのねー。
あ~長かったーー!
安心感で一気に体のちからがふっと抜け行くのがわかります。

小さい広場を抜けて見えてきたのは澄んだ川とつり橋。
f0172386_15154474.jpg

渡って見ましょう。
ゆれるので、静かーに進んでいきますと、
f0172386_15165898.jpg


・・・あれは! 

あの建物はー!!!

f0172386_15163534.jpg

心身ともにへろへろでようやくたどり着きました清泉温泉
・・・なのに、
この時帰りのバスまでのこり時間あと30分という厳しい事実が~~~
[PR]

by cao-mei | 2007-03-18 13:10 | 第7次 台湾旅遊更新

ロードto清泉温泉 ようやく乗るも、山また山!

ここからは、バーチャル清泉温泉へのバス旅~な雰囲気でお伝えしようと思います。
では、席に座った所で出~発!
f0172386_14555224.jpg

竹東の市街地を走り抜けたバスは、次第に山の中へと進んでいきます。
f0172386_14562328.jpg

時には川を渡ったりしながらも。
f0172386_14571985.jpg

かなり山深い風景が車窓を流れていきます。
f0172386_14574882.jpg

可愛らしい集落なんかが視界に入れば
f0172386_14581229.jpg

ちょっとほっとしたりします。
f0172386_14583878.jpg

どんどん山奥へ山奥へと走りつづけるバス。
大丈夫なのかパッカー旅!
不安がちらりと頭をかすめる・・・・・かれこれ出発して40分。
40分ですと!? それって五峰の集落に着く頃ではーーー?
ハイ、大正解~!
ようやくタイヤル族とサイシャット族が住む「五峰」の村まで来ました~。
f0172386_14591887.jpg

[PR]

by cao-mei | 2007-03-18 13:09 | 第7次 台湾旅遊更新