ほわ・ほわ・豆花まにあっくす~その先の台湾へ


台湾との出会いから今日までの記録です
by 草苺
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新のトラックバック
お気に入りブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:台湾でピンチ! ( 11 ) タグの人気記事


旅はトラブルの初夏台湾 第一天 台北駅のエキナカ!!

ポツポツ降り出した雨が本格的になる前に少しでも予定をこなしたーい
&お昼頃から済南鮮が満席になったので、
回転率UPの意味でも次の目的地台北車站へMRTで移動しまーす=3
f0172386_0455427.jpg

最近この風景が海外と思えなくなってるー錦糸町の駅?的なじみ方ですわ・笑
駅ナカなんて錦糸町より充実してる位で(一々ひきあいに出してごめんよ錦糸町)
ど、ど、どうしちゃったのー台北車站?!来る度進化がすんごいよおおおお!!
f0172386_185456.jpg

ていうか大好きなお店が何軒も入ってて、(幾分甜とか奇華とかmilkhouseとか。)
使えるったらありゃしない!
その上良さ気なショップがいくつもあって、お土産の宝庫状態。
ここスルーしたらもったいないですわよ奥様方~~~( ̄▽+ ̄*)
f0172386_0482365.jpg

花蓮で買った小月餅っていうパイ+餡系のお菓子が美味しかった「豊興餅舗」
f0172386_048851.jpg

外観からして、もーイモイモしい紫色が目を引く
「先麥」というお菓子屋さんとか心引かれるお店も続々。
またここのお菓子は総じてリーズナボーかつ一個から買える物も多いので
色々試せるのが嬉しい~~о(ж>▽<)y
f0172386_046312.jpg

とゆー訳で、ふつくしい薄紫に惹かれてアイス買い食ってみたら。。。
うーーーんマイルドだけどちょーっとお上品すぎてパンチにはかけるかも~
(ちなみにアイスはサーティーワン、アリでしょー派なので~)
でもってあーだこーだ言いつつ当然のように完食の通常運転でした・笑
f0172386_0461472.jpg

こちらホテルにお持ち帰りした1個100円弱くらいだった
台湾の隠れた銘菓「芋頭酥。(タロイモケーキ)」withお茶の図。
旅々台北さんによれば中のタロイモ餡は大甲産の物を使ってるらしい。
前にタロイモアイス食べた甲仙と名前が似てるけど台中なのねえ~~
っていうか調べたら大甲、けっこうなグルメスポットっぽい予感。
これは次につながる情報だわああ!!!
f0172386_049518.jpg

アップにすると重なった層がなかなか凝ってるんじゃな~い?
生地もアンもしっとり目でやっぱり上品優しい系。
買ったのは餅入りタイプのほうなのでQQしてるのもステキー!
(さすが伊達に台湾公式晩餐会のお菓子に選ばれてないわねえ~)
なので軽発酵の鳥龍茶との相性はなかなかの物です。
HPによれば「完全不添加防腐劑; 保存攝氏18度C、可放置三天,
冷藏保存攝氏5度C,可再延長保存七天,共十天。」
つまるところ「ノー防腐剤で室温3日冷蔵保存10日だからよろしこ!」らしいので
お土産に買う際は日数逆算をお忘れなく(≡^∇^≡)
f0172386_0491049.jpg

なんだかんだ鳳梨酥買ったり三越裏で宜蘭のガイドブック買ったりしてたら
わわわーーー!雨すっごーーーーい!!!次の予定どうしようううううーー
f0172386_0493643.jpg

[PR]

by cao-mei | 2013-03-24 00:33 | 第15次 台湾旅遊

台湾最南端温泉旅 第四天 またもや遠かった 「東港」

マンゴー大福やらおでんやらで肝心の目的地を忘れそうな勢いですが、
高鉄台南~高雄と移動して向ったのはある意味リベンジ的なこちらっっ。
f0172386_14525526.jpg

鮪のシーズンに再訪出来てラッキー!
前回さんざん痛い目にあったおかげで行き方はばっちりさっ☆とばかりに
今回はMRTで高雄空港までサクサク移動~♪(´ε` )
f0172386_14525943.jpg

あとは墾丁行きバスで東港まで~
さすがに2度目は楽勝楽勝ーーー!!
f0172386_1453462.jpg

と、超お気楽モードでいたらば、あららそこはさすが台湾~~~
アクシデントは忘れた頃に!!ですよう( ̄_ ̄ i) 
なぜかバスに乗った途端、運ちゃんガーーーっとまくしたてるじゃあーりませんかー
どうもこのバスは東港まで行かなくてどーたらこーたら。。。らしいのですが。。。(意訳)
「墾丁」行きバスはこの乗り場で間違いないハズなので
頭の中が???で一杯になる私たち。
やれやれモード ┐(  ̄ー ̄)┌の運ちゃん、
「とにかくこのバスに乗れ」と。。。(最後まで意訳)
f0172386_1453796.jpg

久々の心細さを覚えつつ暫く乗車、
バスが止まったのは「林園」という所の路肩。
本当に東港に着けるのか?と思い始めた頃、ちょろちょろマイクロバス登場!
どうやらこれに乗り換える模様。え~~~い、もうどうにでもなれーーー!!
f0172386_1455975.jpg

開き直って乗ったバスが、大きな橋に差し掛かってようやく事態がのみこめました!
88水害で橋が壊れてしまい、仮の橋は狭くて高さ制限が!
従来の大型バスは通行できなくなっていたんですねー!
改めて水害の酷さをひしひしと感じました。
(2010年の情報なので現在は変わっている可能性があります)
f0172386_14531076.jpg

橋を渡り終えた所でマイクロバスが止まったものの、
ここが更に不安倍増!
ガ―(;゚д゚)ン !! な~~~~んにもないんですよ「五房」という場所~
f0172386_14532739.jpg

とりあえず
「待て」と言われて素直に待~~~ったあ~~~♪(古!)とひとまずステイ。
敷地内には食堂があり中では大宴会?という騒ぎを聞きつつ
なんかもーこっちに混ざって今日は終了でいいやーな気分になりつつ待ってたら、
よーやく「墾丁」の文字が燦然と輝くバスが来ましたっ!!
f0172386_14533150.jpg

ヨカッター(≧∇≦) 
これでやっと東港へ直行だーーー!
見覚えのある「豚もおだてりゃ鮪に上る」像が見えた時は、安心感でぐったり。。。
f0172386_14553272.jpg

東港に着いた時は心身共に疲れ果て、移動はタクシーにしよ♪と探したものの。。。
「会いたいときにあなたはいない・・・」がお約束のローカルタクシー。
ハイ、・・・今回もまた歩きました・爆
もしかしたら、東港には簡単にたどり着けないシステムになってます?

で、ここまできたら自信を持って「オレに任せろ状態」です。
好久不見~~~例の「訳わかんな~い看板ちゃん」はまだあったのねえ。。。
又会えて嬉しいよー!
f0172386_14555744.jpg

お土産やさんで噂の桜エビアイスを見つけたりと、それなりに楽しみながら歩くものの
f0172386_1456080.jpg

途中で寄ったフェリー乗り場のトイレは激混み!
お久しぶり~~~の華僑市場も
f0172386_14561029.jpg

鮪のシーズン真っ盛りの日曜日で想像通りの激混み!
んーーーー。これは何かの罰ゲームかしらー???
f0172386_15142257.jpg
 
黒輪屋台の行列が無くなった頃、やっとの思いですり身揚げを外帯し、
f0172386_14563591.jpg

前回に負けず劣らずへろへろモードでたどり着いた食堂では、
f0172386_158839.jpg

うっぷんをはらすかのように海鮮フェス開催です!
待ったかいがありました!名物に旨いものアリ!鮪の揚げたの「黒輪」
海鮮の時はとにかくいっとけ!の蛤湯
野菜?山菜?ま・好きだからどっちでもいいやタニワタリ炒め
ちょっとは他の料理法もと一応思うのだけど、やっぱりアサリのバジル炒め
これこれ!食べたかったのよ~~~んの「桜海老チャーハン」
f0172386_1585871.jpg

こんなに大苦戦した割に、今回も「本じゃない鮪」の刺身・笑
ただ鮮度はすばらしくて、脂も味もさわやかな感じで飽きが来ない系のおいしさ。
何といっても100元ですからねぇ~これはこれでありだな、と・笑
f0172386_1582893.jpg

お土産には抜け目なく潤餅と
f0172386_14564382.jpg

市場で桜海老と
センサーが大当たりの露天でマンゴーとライチの購入は忘れず、
(ここの果物たちデラうまかった~)
f0172386_1593419.jpg

今日のファイナルデスティネーション「四重渓温泉」を目指します。
はあーまだまだ遠い。。。(´Д`;) 
そして出鼻をくじかれそうなゆるさに脱力。。。
い・・・板って・・・
しかもマジックで殴り書きって。。。orz 
東港、期待通り今回も色々とやってくれただよ (* ̄m ̄)ぷぷぷ  
f0172386_1595296.jpg

[PR]

by cao-mei | 2010-05-30 14:27 | 第11次 台湾旅遊

台湾最南端温泉旅 第四天 新化でサンダルの顛末は?そして福楽屋のマンゴー大福

新化老街の散策を終えた頃、遂にサンダルが決壊!!
f0172386_13264840.jpg

来た方へ戻りながら靴屋さんを探すも、なかなか見つからず。。。
f0172386_1327611.jpg

よくぞここまでもってくれましたー!というタイミングで
中山路にスポーツ店を発見!!
新しいサンダルをゲットし、(スニーカーじゃなくてまたサンダルって・・・)
満面の笑みで次の目的地へとタクシーをつかまえに向う老公。

所が、ようやくみつけた流しのタクシーがまさかの遠回り!!
ぐるんぐるん回るメーターに、青くなってきた頃やっと高鉄台南駅に到着!
f0172386_13271882.jpg

しかも新幹線行ったばかり・・・
なんか今日はついてないかも?な私達・・・
f0172386_13272065.jpg

こんな時には食べて忘れるに限る!とばかり
エキナカのセブンでバージョンアップしたおでんをいそいそ購入。
上品なおつゆと具、日本のよりも美味し~~~い!
具のラインナップに竹の子があるのも嬉しすぎる!!
そんなセブンおでん、この後2回もリピートする事になるとは・・・(///∇//)
f0172386_13271584.jpg

おでんでちょっと空腹もおさまり、
そんなこんなで意外と早く次の新幹線の時間がせまって来ました。
f0172386_13274639.jpg

高雄までひと駅だけこの子で移動します。
f0172386_13274956.jpg

新幹線=おやつタイム。台南で購入したマンゴー大福、
撮影用にセッティングしてみましたがいかがでしょう?
大福のお供には、もう欠かせない存在になっている冷泡茶♪≧(´▽`)≦
f0172386_13283388.jpg

ちなみに台南のお店はこちら、福楽屋さんですっ☆
(場所は裕成さんのけっこう近く)
f0172386_2220525.jpg

この大福、超もっちもちのもち肌~~ぽってりふわふわです~~!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
むむ?ぽってりたしたホワイトフェイスに鮮やかオレンジって
よくよく見れば何かに似てるよーな?!
f0172386_13283534.jpg

そうだ!あれだ台湾新幹線!!!
色合いソックリで笑えるーーー!

・・・マンゴー大福~これから君のことはそう呼ばせてもらうよ・・・

「高雄行き 下りマンゴー大福137号 2番月台に到着しま~す」 
f0172386_1271074.jpg

思い出したところで、ばっさりカットしてみた。
中のほとんどがマンゴーという贅沢さ!!
今写真を見て又思い出してじゅるり・・・美味しかったな~
(んで、これから台湾新幹線見るたびマンゴー大福思い出すんだろうな~)
f0172386_13283838.jpg

[PR]

by cao-mei | 2010-05-30 13:08 | 第11次 台湾旅遊

台湾最南端温泉旅 第四天 雨天の新化へバス旅

4日目の朝。
起きたら雨がザーザー。。。さすがにテンションも下がります。
f0172386_23231612.jpg

追い討ちをかけるように、冷蔵庫で一晩置いた外帯の豆花が残念なことに!!
なんとシャーベットと化してました!!ガックシ。。。
f0172386_23234563.jpg

ホテルでお粥なのに量が凄いのでカロリー的にどうよ?な朝食を済ませ、
f0172386_23224431.jpg

台南駅に荷物を預け、健闘し続ける興南客運バスで新化へ向いました。
ある意味このバスターミナル(?)も非常に健闘し続けていると言えますね・笑
f0172386_23243210.jpg

台南~新化はバスの便がとっても良くて、
乗車時間も30分余りと日帰り小旅行向けです。
玉井へのバスでも行けるので、組み合わせて・・・というのも充分アリな行程。
f0172386_23243571.jpg

広々とした新化のバスターミナル。(こういうのがターミナルだよね?)
地方でこの小奇麗さと広さをキープしているのは凄い!
f0172386_23244090.jpg

ターミナルから出ると更に雨足が強くなってて、
新化での目的地「老街」探しにひと苦労。
実はこの時、静かに老公のサンダルの崩壊が始まっていた事にまだ気づかず。。。
f0172386_23244313.jpg

教会を背に中山路を進んで左手に折れ、更に歩いた先にいきなり壮麗な廟出現!!
f0172386_23251656.jpg

雨宿りも兼ねてお参りをした後は、
f0172386_23252150.jpg

またまた雨に打たれながら老街にむかってトボトボ・・・これじゃまるで修行のようだ
f0172386_23252885.jpg

道々お店を冷やかすのはお約束。
うっかりこのすげ傘カゴを買いそうに・・・アブナイアブナイ
f0172386_23253193.jpg

やっと老街に着いて、趣のある市場へと避難!屋根のある市場で良かったーーー!
f0172386_23444143.jpg

ステキな市場内、中に入れば人も自転車もバイクも行きかうカオス状態!!
f0172386_23463255.jpg

一角にひっそりとあったレトロな薬局。そこだけ時が止まったかのようでした。
f0172386_028226.jpg

市場から一歩外へ出るとものすごい雨。さすがにお客さんの姿はまばらで。。。
f0172386_23455340.jpg

そんな中でもたくましく商いを続ける皆さん。台湾商人魂ここにあり!ですねー
f0172386_2346038.jpg

雨足は強まるを通り越してもはや滝の様相。。。
そしてこの時終末の状態になっていた老公のサンダルにようやく気づく私たち!
f0172386_0215683.jpg

とりあえず避難した(って言うか雨の中外に出るなー!ですが)
果物屋さんではライチも水浸し~~~
よくよく考えるとかなりアンタッチャッチャブルな状態!

・・・買いましたが何か?
f0172386_0242521.jpg

しかも、まさかの美味しさでちょっとビックリでした!!
f0172386_0293136.jpg

この後すぐ、嘘のように雨がやみまして。。。
「ラッキー」とばかり老街を散策。
f0172386_103314100.jpg

気になるサンダルはと言いますと、
もはや片方の底が完全に割れてしまってパカパカしてます!!
間の悪いことに止んだと思った雨が又降り始め。。。
    
    老公、ピーーーンチ!!!


(後編につづく)
f0172386_10341788.jpg

[PR]

by cao-mei | 2010-05-30 08:23 | 第11次 台湾旅遊

台湾最南端温泉旅 第三天 台湾トラップそれは臨時休暇

旅の3日目。前日に動き回ったせいか早くも朝からお疲れモードでした(´・ω・`)
最近はこればっかりの「冷泡茶」と昨日買ったお菓子で軽く朝食。
バスに乗って(46だったような?汗)
台北バスマスタ~さまにレクチャー頂いた「民生重慶路口」で下車。
どんどん再開発されててビックリ!!の迪化街までは本当に近い!\(^∇^)/ 
f0172386_1944770.jpg

このルート、アクセス楽ですね~!ナイスな情報ありがとうございました!
f0172386_1951464.jpg

恒例の乾物街買出しをほぼ1軒のお店で済ませ
まだまだがんばっているオールド台北な建物にエールを送りo(>▽<)o 
f0172386_1953822.jpg

最後に「こちら~さん」お勧めの永楽市場の油飯外帯をもくろみましたが。。。

オーマイガーーっ!なんとまさかのお休み!

これが悪夢の始まりだったとは・・・ガ―(;゚д゚)ン !! 
実は新幹線で合流する老公への手土産に・・・だったので 
f0172386_196183.jpg

代替をどうしたものか。。。古早味豆花でひとり作戦会議を開きました。

・・・芒果冰が食べたかったとも言いますが。


ふわっとした氷のきめ細かさと、上品な甘さのマンゴー&シロップの
トータルパッケージ度が高い!美味しさに代替案もまとまりました!
f0172386_1962688.jpg

とりあえずホテルをチェックアウトし、
夫担当の自宅に宅配してもらう用荷物
(ナッツとか乾物・ジャム・本・お茶・砂糖&塩・CDなどお土産のたぐい)
をピックアップし、もうひとつのスーツケースはホテルに預かってもらう作戦。
あとはタクシーで代替案の徳恵鵝肉に向うだけ~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

  が、ここで再度のお休みキターーーーー(ノДT)
・・・え~っと、これは何かの罰ゲーム???

ボーゼンとしてしまい証拠写真とるのも忘れる始末
ここの近所には「これ」というお店が思い浮かばないのよね・・・
ちなみに姉妹店の33ナントカ(調べる気ナシ)もお休みでした。。。。。(_ _。)
もしや社員旅行だったのかなーーー?
黄記の開店を待っていたら、予定の新幹線には間に合わない。。。
本来ならここで軽く麺でも。。。。の思惑が崩れ去ったのも痛すぎだわ~!
朝からお菓子とカキ氷だけのため空腹も限界だったのでー・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。   

降り出した雨の中、
キャリーをひきながらすきっ腹でよろよろ向った先は
The ワンパターンの「馬偕水餃子」
期待を裏切らない美味しさと安さに惚れ直しましたっっ(≡^∇^≡)
f0172386_1971884.jpg

血糖値が上がると頭も回り始めるもので
「あそこなら何かあるかも!」と
一縷の望みをかけて双連市場へ向い。。。
つまみになりそうな「蒸し鶏」をやっとの事でゲーーット!
まさかこれほどおつまみ探しに苦戦するとは。。。(^▽^;) 
f0172386_198684.jpg

そこからは台北駅へ急ぎました!本当に急いでくれたのはタクシーの運ちゃんでしたが
13:30発の新幹線、間に合ったーーー!
f0172386_1911563.jpg

おまえもすっかりくたびれちまって・・・(´Д`;)
て言うか
誰かヨゴレを拭いてあげてーーー(涙)
f0172386_19153696.jpg

感傷にひたっている間も無いため、そそくさと指定席に乗車。
席に着くなり夫に送ったメールは
「切符は自主取得で443号に乗ってね」
・・・ようやくここまで独り立ちしてくれた!!とニンマリ v( ̄∀ ̄)
f0172386_19133886.jpg

ちなみに指定区間は台北→桃園間。
もう駅で降りて待ち合わせさえすることも無く
合流は私が乗った車両で(爆)
最初の頃は感動だった合流も
「あっ、お疲れ~」ノリで済ませて自由席へ移動です。
桃園~台南の車内では「各自で」のしばし歓談=「我おやつタイム」
f0172386_19143274.jpg

「老公啤酒(ビール)タイム」って、どんだけフリーダムなんだかー!
でもね、これゲットするのとってもとっても大変だったのよ~~~(><;)(><;)(><;)
(一応アピールはしてみる)
f0172386_1982422.jpg

[PR]

by cao-mei | 2010-05-29 09:15 | 第11次 台湾旅遊

老師ーちゃんと初夏台北 第四天 お家に着くまでが遠足!

トラブルらしいトラブルも無く、なーんか楽勝~モードのまま
第10次旅がロスタイムに入ろうとしていた桃園空港。
まさか、ここから怒涛の事件連発攻撃を受けるとはー
「お家に着くまでが遠足」この言葉が頭をよぎるよぎる~~~
f0172386_21174479.jpg

まず、あきらかに老師の荷物が重量オーバー。
ほんと写真とっておけば良かった これじゃまるで夜逃・・・(以下略)
チェックインが遅めだったためか、
一緒にチェックインOKそうな客人(超身軽な人限定)が全然現れない~~~
やっと出張らしきビジネスマンを発見して、かなり強引にお願い成功です
きっと逃すもんかオーラ全開だったはず~~>私たち
f0172386_21304050.jpg

安心してたら、めざといX線の監視員に
うっかり手荷物に移してしまった百果園のジャムを発見されてしまいー!
目の前でゴミ箱へぽーーーーんって!!!食べ物を無駄にしちゃーいかんでしょーーー
いっその事現場で一気食いしてやれば良かったーーー
そしたら武勇伝のひとつとして語り継がれたかも・・・
f0172386_21294682.jpg

まあ成田まで来ればひと安心・・・と思ったら
税関で足止めと厳しいチェックキタ--------
老師の荷物とかダンボール箱とか、
なかなか話が終わらずげっそり・・・
こんなに厳しいのは初めてでしたよー!恐るべし成田の税関員!!
f0172386_21221055.jpg

ようやくお咎め無しで開放されて
荷物と混載され老師宅の車で運ばれるワタシ。

運ばれた先はなんと「慶龍」
憧れの「成田帰りの慶龍」デビューしちゃいましたー
ザーサイと砂肝の小菜2トップ
相変わらずいい仕事しています。
f0172386_21191255.jpg

豚肉の豆鼓炒めに、すかさずライス投入ーーー
f0172386_21183782.jpg

水餃子にオウンゴールしてしまい「チーム慶龍」に完敗!
長いロスタイムもここで終了となりましたぁー!
f0172386_21185793.jpg

家ではお留守番の老公にプチ宴会を開催
さすがにここではサポーターに回りましたが~。
f0172386_21201516.jpg

デザートは台湾の雰囲気をのこしつつ・・・
f0172386_21205073.jpg

デザートその2も台湾の・・・えっ?出所ですか?ナイショナイショ~~~
f0172386_2121624.jpg

で、お土産の一部をちょっとだけ・・・
なんかカルディで買ったのーと言っても通用しそうな内容だわねー・笑
f0172386_21212849.jpg

そんなこんなで、
「お家に着いても遠足」がしばらく続くのが台湾旅の嬉しい副産物ってことで。
f0172386_21215747.jpg

[PR]

by cao-mei | 2009-06-24 19:09 | 第10次 台湾旅遊

初夏の南台湾旅 第三天 高鉄高雄から東港まで(長文)

ちょっとしたドリフドラマチックを経て、ようやく高鉄高雄に到着~

これからは「老公たっての希望」
高雄の「東港」に向かいます。
f0172386_15502245.jpg

高鉄高雄駅から東港への移動は、MRT~バスが一番簡単にアクセス出来そう。
ですが、まずは大荷物を何とかしたい!
駅でウロウロしましたがロッカーが見当たらず!(どこかにあるとは思うのですが・・・)

今夜は台南泊という事もあり予定変更。
ロッカーのある台鉄の高雄駅で預けた方が帰りは楽だろうと、
直結している新左営駅から台鉄で移動する事にしました。
どこまでも行き当たりばったりな旅だ・・・
f0172386_15514635.jpg

久々の台鉄!やっぱり台湾の旅はそう来なくちゃー♪
不思議な事に、わくわく感の度合が全然違うのです。
f0172386_15541883.jpg

高雄駅のロッカーに荷物を入れて、扉を閉める。
あ~これでひと安心!・・・と思ったら、
今度はコインを入れてないのに扉が開かない状態に!!
    「ロッカー壊れたー!」
f0172386_16174547.jpg


開かないと言っても鍵はかかっていないので、このまま移動は出来ません。
かといって管理会社に電話して説明できる程の語学力も無し・・・

・・・これって実はいまだかつてないピンチなのでは!?

しかし今日の私は変にピンチ慣れしちゃったようで(そんなものに慣れなくても・・・)
駅のインフォメーションにいた小姐が日本語OKだと分かると即SOS。
何とか電話してもらい、無事直ったロッカーに荷物を預けられました。
なぜ開かなくなったのか?の理由ですが、
荷物を詰め込みすぎてロックの部位にひっかかってい・・・(以下自粛)

なんだかんだで30分以上を軽~くロス。
ダッシュして新幹線に乗って稼いだ老公の苦労「水の泡と消え」ですが
旅にトラブルはつき物。(それ、あなたの事ですからby老公)
どうやら今日は何かが取り付いているらしいので、ここからは慎重に。(遅っ)

今は博物館になっている旧高雄をパシャリと一枚。
f0172386_16221351.jpg

いよいよ高雄のMRTで小港空港までの乗車です。
f0172386_1623534.jpg

台北では悠悠カードなのでお目にかかれなかったトークン♪(これが切符がわりです)
ちょっと嬉しいゾ!
f0172386_1628234.jpg

嬉しすぎて「ピッ」と読み取ったのに撮影してたら扉閉まっちゃった(泣)
一度読み取られると、二度と通れなくなるらしく(当たり前か・・・)
駅員さん側の改札から通してもらう私。
まだ開業して日が浅いので、こういう事がしょっちゅうあるのか
すんなり通してもらえましたよ~(自慢すなーーー!)
f0172386_16282119.jpg

「小港空港」で下車のはずが、駅名は「高雄国際機場」あれれ?違うよね?
その次は「小港」とあったので、そこまで行っちゃいました。
そしたら東港行きのバス、やはり「高雄国際機場」から出ている事が判明!!
「小港空港」は俗名なんでしょうか?完全なる調査不足・・・。

今日はもう何をするにもすんなりいかないらしい。(うん、分かってるよ原因は私さ)

ひと駅戻ったら、すんなり東港経由墾丁行きのバス停発見。
表記は「小港機場」になってるし、何がなんだか・・・
MRT&バスで向かう場合は、
「高雄国際機場」で下車ですのでお間違いの無きよう~(おまえが言うなー!)
f0172386_16535391.jpg

この時点で一仕事終わった感じです。
ふと気付いたら切符も「小港機場」
お願いですからどちらかに統一して下さーーい(泣)
しかもさっき間違って降りた「小港駅」の前も通過してるし・・・
f0172386_1720483.jpg

バスで走る事30分あまり。
よーーーやくマグロの気配が見えて来ました。
f0172386_17134382.jpg

道路に・・・という微妙さはあるのものの、
あちこちでマグロがアピールしているのがほほ笑ましい!
f0172386_1716515.jpg

快適だったデラックスバス、東港のバス停に着いたようです。
f0172386_17131320.jpg

バスを降りて、港は?市場は?とあたりをキョロキョロしましたが、
それらしきものは見当たらず・・・
f0172386_17451377.jpg

乗車券売り場のおじいさんに聞いて見たら
「ここから更に15分くらい歩くんだよ」
と言われ呆然。
おまけに「僑」の字が間違っているとダメ出しまでされる始末・・・
f0172386_18274661.jpg

当初の到着時刻を大幅に過ぎていましたが、
ここまで来てマグロを諦めるワケには参りませんっ!
歩道が皆無&路肩には駐車のバイクがずら~りでかなりヒヤヒヤしつつ歩きました。
タクシーが居ないのがイタすぎる。看板も訳わかんな過ぎて笑えない・・・
f0172386_17572057.jpg

気分がマイナスに振れようとしていたら、
僕も異国で頑張ってるんだよ!と目の前に突如「黒猫」出現!
うん、私もガンバル・・・
f0172386_17585587.jpg

更に目の前に広がった景色に感動!
ここまで来たら市場はすぐです。
橋の手前を左に曲がりましょう。
f0172386_1825683.jpg

小琉球行きのフェリー乗り場や、
f0172386_1864229.jpg

魅惑のライチー屋台の前をスルー(ここは激安でしたよ)
f0172386_187459.jpg

夕暮れせまる中、視界に入ってきたのは「華市場へのゲート」

遂に ゴーーール!

f0172386_18102910.jpg

            ・・・ここまでホントに遠かったなぁ・・・
と同時に、
こんな遠くまで来て誤字だった事実を再確認させられるわびしさと言ったら・・・
[PR]

by cao-mei | 2008-05-30 14:50 | 第8次 台湾旅遊

初夏の南台湾旅 第三天 ピンチは続くよどこまでも

でも、神は見離していなかった!
列車の間違いに気付いたのは台北駅を出すぐ。
そうです。まだ次の板橋駅に着く前。

となれば答えはひとつ!
板橋で下車して、本来乗るはずだった列車が来たら乗りかえればいい!
台北-板橋は9分かかるのですが、もう残り時間は5分ありません。
ここで降りないと本当に台中まで行ってしまう!
大急ぎでドアの前にスタンバイ。
もう間違ったのが周りにバレバレー!恥ずかしいったら・・・

そそくさと板橋で降りて、後発列車に無事乗り込めました。
よかったーーー!
これが帰国日の桃園までの利用で、
もし板橋を過ぎてから気付いていたら・・・、と思うと(思いたくないけど)ぞっとします。

さて、どうしてこんな初歩的なミスが起きたのかちょっと検証。
(すべては自分のウカツさのせいなのですが~)

1、掲示板を良く見ると、どこにも13時00発の列車案内は無い!
反対側の電光掲示板にはあったのでしょう。
6分発はこっちから入るように指示されたし・・・
まさか降りたホームで13時00発にも乗れるとは・・・
f0172386_23165080.jpg

2、電車がホームに入るらしいというアナウンスに、
のこのこと他の乗客についていくと、入って来た新幹線。
6分違いで列車があるなんて・・・
(たぶんこの思い込みが一番の原因)
前回よりえらく増発していたんですねぇ。

3、1号車からは発車時刻や停車駅の電光掲示板が遠くて、確認しづらい事。
f0172386_2251851.jpg



さて、よーーーやくあるべき姿に落ち着いた所で、
板橋-桃園間は10分ちょっと。
これだけどたばたして指定席で落ち着いて座っていられるのが10分ちょっとって・・・。
f0172386_23252073.jpg


そう言えば、そろそろ老公が桃園駅に着いている時間。
携帯に電話してみよう。
 
・・・通・じ・な・い・・・orz

メールを確認すると
「シャトルバスに乗った」と連絡が入っていた。
乗った時間から考えると、うまくすれば同じ列車に間に合うかも?

「もし同じ新幹線に乗れそうなら、このまま降りないでいますので連絡下さい。
無理なら最初の通り桃園駅の改札口待ち合わせで」

所が、もう桃園駅に着くというのに老公からの連絡が入らない。
これはやっぱり下車して改札口待ち合わせだね~
列車から降りると、
ホームの前方からものすんごい勢いで走ってくる人が。
もうすぐ発車するのに、あの人乗れるのかなぁー

・・・って、老公じゃ!?

そして、まさに発車しようとしている新幹線!
どうするー?どうなるー?
[PR]

by cao-mei | 2008-05-30 13:27 | 第8次 台湾旅遊

初夏の南台湾旅 第三天 更に畳み掛けるピンチ

昨年の空港集合に引き続き、今年も老公とは現地集合。
待ち合わせ場所は少し難易度が上がった
「高鉄桃園駅の改札口」(もはや位置付けが都営地下鉄並みになってるような?)
f0172386_22452151.jpg

ひと足お先に台北を堪能させてもらった事もあり、
せめてもの罪滅ぼし!(あっ、べつに悪事を働いた訳ではなくて・・・)
お昼にサプライズな物を用意しようと、またまた西門へやって参りました。
f0172386_22462447.jpg

MRTの出口を出るとすぐに襲い掛かる灼熱の太陽。
とりあえず涼しい「台北牛乳大王」へ一時避難!!
f0172386_22492018.jpg

boneoriさん絶賛のマンゴーヨーグルト、
5月末なので絶対飲めると張り切って頼みました。
なのに「没有」っていう返事にもうガッカリ・・・
ピークの時期限定なんでしょうかねぇ。
あまりにガッカリしていたからなのか、お店の方が「これも美味しいから~」
と、すすめてくれたのがやはり季節限定の「クランベリーヨーグルト」
ガツンと酸味が効いた濃厚な爽やかさが、暑さにへばった体にキクー!
f0172386_22591472.jpg

「サプライズ」な物も手に入れて、あとは新幹線で桃園駅へ向かうのみ。
とりあえず途中下車の台北ー桃園の指定乗車券も無事ゲット!
表示も「13時6分発左営行き」とあり、遅れも無い模様です。
いつも電車の発車ギリギリにしか着かないのに、
30分前には待合室で座っているという状況。
やれば出来るじゃない私♪(自慢する事じゃないし・・・)
f0172386_23165080.jpg

老公から「台北に着いた」のメールも入り、
もう昨夜とは打って変わってすべてが順調!
順調すぎてつまんなーい!!と思っていましたここまでは・・・。

13時前にぞろぞろとホームへ移動する乗客の皆さんに続いてホームで待ちます。
ホームに滑り混んで来た新幹線。
でもって時計はまだ13時前。(ここで気付いていれば・・・)
f0172386_23343856.jpg
「あれ?確か入線は13時だったハズ・・・ちょっと早いけど、ま・いっかー!」
「1号車の5A」ここだここだ!と腰を下ろす私。
(また運の悪い事に空いていたんだよね・・・)
f0172386_2330376.jpg

そして2~3分後、静かに動き出す新幹線。
時計を見ると13時ジャスト。
「あれ?6分も早く出発?なんで?ま・そんなこともあるか~」


    無い無い無い無い!絶対無ーーーい!



さすがにこれは変!と、行き先のアナウンスをよ~く聞いてみると
「止まる駅は板橋、台中、そしてその次は何と左営(高雄)」
という様な案内をしているではありませんかっ!


    この電車、桃園駅止まんないヤツだーー!


なんと進化し続ける高鉄。通過駅がある列車が出来ていたんですねー!
事、ここに至ってようやく事態を飲み込む女草苺。
どうやら乗っているのは一本前の「13時ちょうど発台湾版のぞみ」(気付くの遅すぎ!)
昨夜のMRT間違いなんてレベルじゃありません。

このまま乗っていたらあっと言う間に「台中!!」 
しかも桃園駅で待つ老公を置き去りにして一気に「台中」って・・・
さすがにそれだけはマズイ!さてどうするどうするどうしようーーー???
頭の中、もうパニックでぐるんぐるんしてきました。
[PR]

by cao-mei | 2008-05-30 11:54 | 第8次 台湾旅遊

初夏の南台湾旅 第二天 晩ご飯は水煎包のはしご

おやつ無制限のツケが夜になってしっかりやって参りました!
なっかなかお腹が空かないんです。(そうだろうそうだろう・・・・)
と言って、何にも食べないというのもちょっと不安な小腹具合。

ホテルのある台北駅三越の裏あたりでうろちょろお店チェック。
すると、ひっきりなしにお客さんが買いに来ているお店が一軒。
f0172386_2220420.jpg

ホカホカと焼かれているのは、こぶし大位もある饅頭。
看板には「水煎包」とある!
おおっ、これがウワサに聞くシュイジェンバオ~!!(発音の突っ込みはごカンベンをー)

2つばかり買ってみたものの、
食べられそうなスペースは店先の小さな調味料置き場兼カウンターのみ。
えーい、立ち食い上等!
f0172386_22233533.jpg

ひとつ目は「ニラ」
ふわっむちっの生地に包まれていたのは、ぎっしりのザク切りニラ!
さっぱりした薄味なので、お醤油をたらりんとたらしていただきま~す。
f0172386_22234911.jpg

二つ目はゴマがアクセントのキャベツ。
中には春雨とキャベツがぎゅうぎゅうにつまっていて、こちらもヘルシー度高し!
あっさり味にキャベツの甘みとハルサメの食感が後をひく美味しさ!
これで一気に水煎包モードに火がついてしまったようです。
f0172386_2224470.jpg

こうなったら、今宵は「水煎包NIGHT」
もはや目指す場所はただひとつ。師大夜市の名店!
MRT台北駅から新店線で4つ目、ここだ!・・・・「頂渓」・・・

      頂渓ーーー!?

確か師大夜市の最寄駅は「台電大楼」のはずじゃ・・・
電車の行き先を確認すると「南勢角」・・・orz

ワタクシとした事が、同じホームから新店線と中和線が出てるのをまるでノーマーク。
「新店行き」と思い込んで中和線の「南勢角行き」に乗ってしまっていたのです。

崩れ落ちそうになる鉄子のプライドを必死で立て直し、
今来た方へ泣きながら(ウソ)ひと駅戻りました。
古亭で乗り換えてこんどこそ「台電大楼」着。
お店の閉店が近いのに30分近くのロス!今度こそ本当に泣けてきそう・・・

ところがこの夜の私には、何かがとりついていたらしい・・・
最寄の出口3を出てすぐ師大路に入るはずが、
何を思ったのか道路を渡ってしまい、あやうく迷子!
どやどや夜市に向かう若い衆達がいたお陰で、どうにかたどり着けました「許家生煎包」
あれ?水煎包だと思ったら、こちらは「生煎包」だったんですね。
f0172386_23222158.jpg

機械も真っ青な手さばきで包む店員さんと、
それを効率よく焼いていく店員さんの見事な連係プレーには目を見張るものが!
10名近くが並んでいましたが、あっという間に自分の順番です。
お金まだ準備してないー!っていうか何個買うか決まってないんですけど~(汗)
f0172386_23285052.jpg

手渡された紙袋には熱々の生煎包。
この手のものはお家で食べるのが一般的?
座って食べる場所が無いので、ここでもスタンディングスタイルを貫く私。
それにしてもアツイ!かぶりつくのも難しそうだし、
思い切って一個丸ごとをほおばってみると・・・
弾力のある皮からは、肉汁がどわーっと!
これ、おーいしーーい!

美味しさが生きているからの「生」煎包と勝手に解釈致しました。
たぶん違うと思うけど(笑)
「キャベツの甘みでパワーアップした焼き小籠包」とでもいうようなジューシーさです。

何個でも行けそうなので、ある意味夜は非常に危険。
次回はもっと早い時間に来よう~♪(といっても営業は16時~らしいのです)
f0172386_095172.jpg

この屋台もあったのですが(しかも並んでおらず!)
さすがにこれ以上はレッドゾーン。
足早に前を通り過ぎるのが切ないの切なくないのってー
f0172386_23564588.jpg

[PR]

by cao-mei | 2008-05-29 21:08 | 第8次 台湾旅遊