ほわ・ほわ・豆花まにあっくす~その先の台湾へ


台湾との出会いから今日までの記録です
by 草苺
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新のトラックバック
お気に入りブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

台湾名湯めぐり 桃源郷の秘湯・東甫温泉で外湯へー!

道路沿いにホテルや旅館が立ち並ぶ東埔の温泉街では、
f0172386_2142232.jpg

外湯のはしごも楽しめます。という事でトレッキング後のひとっ風呂は。。。
f0172386_21423015.jpg

ちょっと高級感漂う「沙里仙」で立ち寄り湯してみました!
f0172386_21445962.jpg

露天へのエントランスは「女の湯」と
    「の」
をわざわざ入れてしまうあたり、日式を強く意識している模様。
入浴前には体洗ってね♪の注意書きも日本式の入浴スタイル=裸でって事よね~
f0172386_2146425.jpg

こちらのゴージャスな石組みの露天ですが。。。
(ちなみに「沙里仙」さんでは個人風呂も完備してました。)
f0172386_21441527.jpg

無色透明の炭酸泉でお湯の温度がかなり高い!(=熱い)
この日は夕方でしかも外気温が低かったのでまあそこそこ浸かってられたかな。。。
くは~~効きますよ~~~このお湯ーーー!!
f0172386_21442692.jpg

夕飯は温泉街に食堂があり中で食事も可能です。
お部屋でのんびり派には外帯がオススメ。
f0172386_22251799.jpg

このあたりはキノコの名産地と思われ、肉厚シイタメの唐揚げが絶品!
f0172386_22274098.jpg

ちょっと歯ごたえのある金針菜のスープも、あっさり風味で体が暖まる~~
(東埔温泉は山中なので、初夏でも夜は冷えるのです)
f0172386_222882.jpg

「東光大飯店」では夕飯無しの宿泊でお願いしてたので、
集集線の沿線で購入した桶弁当と、
f0172386_1345415.jpg

水里で目に付いて外帯した「ガチョウ照り焼き」をメインに部屋食です。
f0172386_1322423.jpg
 
食後は、初夏だったのでとろける甘さとジューシーさが真骨頂の「土マンゴー」
食べた後歯にはさまる繊維が無ければなお良し!デートには向かない系だね~
f0172386_133648.jpg

[PR]

# by cao-mei | 2011-01-14 22:48 | 第9次 台湾旅遊

台湾名湯めぐり 秘湯・東甫温泉で彩虹滝へトレッキング?

四方を山に囲まれた東埔温泉。
台湾最高峰の玉山(新高山)登山はハードルが高過ぎるものの
アウトドアっぽい事もちょっとはしてみたくなるというものです。
f0172386_2239268.jpg

そこで、案内図でお手軽楽勝っぽかった彩虹滝へのトレッキングにトラーイ!
f0172386_22392676.jpg

が、・・・・・まだ温泉街なのに早くも笑っちゃうくらいの急坂!
f0172386_225288.jpg

お土産やさんでもひっかかってしまい予定時間での滝到着、早くも暗礁に!の様相。
売ってた特産の黒木耳がまたねー、すんごい大きさでー!
f0172386_2255351.jpg

これ酢豚に入れたらさぞ美味しいんだろうなーとどこまでも下世話な草苺。
そんな思いをよそに非情な坂道はエンドレス!
f0172386_2272621.jpg

もはや平衡感覚すら怪しくなり、
写真が斜めなのか自分が斜めなのか判断不能。。。
f0172386_2275371.jpg

急登に次ぐ急登。しかも滝まではまだまだありそう・・・下手したら帰る頃には真っ暗?
f0172386_2294616.jpg

これ以上のトレッキングは無理!と判断
f0172386_22125495.jpg

引き返すのも勇気!!とゆーワケで
途中の広場で滝アタックをあきらめるヘタレな草苺隊。
あ~らこんな所にキレイなお花♪と急に余裕が生まれるというものです。
て言うかこんな風に咲くんだアマリリスー!これちょっと感動でした!
f0172386_22315414.jpg

広場には一見怪しげな売店があるのですが、
まーここの愛玉が旨いのなんのっって!!
f0172386_2218363.jpg

ものすごーく酸っぱいんですが、爽やかなレモン&黒蜜のシロップと
ぷるんぷるんの愛玉のコンビネーションが奏でるおいしさったら!!ビバクエン酸ー
歩きつかれた所で旨さもひとしおだったので、ものすごい勢いで完食ー!
店じまい中だったのもあったと思いますが、
気さくな老板娘が「ほら、そんなに好きならお替りあげるわよー」と
またお玉いっぱいにすくった愛玉をカップにぽとっと。。。あっ、レモンもドッサリだよー
f0172386_12595053.jpg

きゃ~~~愛玉最高!老板娘最高!急坂最低ー!!て事で撤退開始~!
もう夕暮れ時だのに後から登って来た台湾観光客、
ことごとく「滝どうだったー?」「遠かった~?」と聞いてきて
「很遠」「我不能去ー!」という返事を繰り返しては
「あら日本人なのねー」
「滝まで行けなかったんだー!」とことごとく笑われるというヘタレトレッキングでした。
f0172386_2223969.jpg

[PR]

# by cao-mei | 2011-01-13 13:18 | 第9次 台湾旅遊

台湾の名湯めぐり 桃源郷の秘湯・東甫温泉

バスの終点は南投県の山あいにある「東甫温泉」
かつて「トンボ温泉」という名前で親しまれていた
台湾の秘湯好きにとって訪れてみたい温泉のひとつです。
f0172386_22464620.jpg

訪れた時(3月)にはあちこちで桜の花もみられ
「桃源郷の秘湯」といった趣でした。
f0172386_1626079.jpg

東甫温泉への入り口集集線の水里駅から
バスで山道をおよそ1時間以上の道のり。
f0172386_17114772.jpg

東甫温泉のシンボル、大きなつり橋。
渡って下を見たらけっこうな深さの渓谷。高所恐怖症の方ならビビっちゃうかもー
f0172386_2354830.jpg

この温泉、玉山の登山口近くなので眺めが素晴らしく良い!!
f0172386_17113640.jpg

お宿は台湾の巨匠ことK氏にインスパイアされ「東光大飯店」に飛び込みで。
f0172386_16165971.jpg

お部屋を見せてもらった所、清潔で広さも合格♪
f0172386_22391896.jpg

部屋のお風呂も、「もれなく温泉」な台湾風!あーステキ過ぎる・・・お家にも欲しい!
これでツイン1泊朝食付き1400元!お泊り即決するしかないっしょー!
f0172386_1642912.jpg

唯一のネックは、東光大飯店の露天。なんとこの急坂を下った先にあるらしい!!
f0172386_218230.jpg

道々桜がキレイです~~~
f0172386_16434100.jpg

と気を紛らわせて見ましたが、下るという事は当然帰りはここを登るわけで。。。
うっかり振り返ったらこの急斜面。。。えーい今その事は考えまい!!
f0172386_2193937.jpg

咲き誇るブーゲンビリアに迎えられた先に出現したのが
f0172386_21114798.jpg

プール?いや温泉でした!ここには「風情」という言葉は無いのかーーー!?
f0172386_16355685.jpg

と思ったら、あらら風情担当はこちらでしたね!
くせの無い良いお湯。しかも適温。急坂を差し引いても余りあるという感じです。
f0172386_16343623.jpg

朝食も台湾風ヘルシーなオカズの品数が豊富。
味も悪くなく、おかゆのお供にぴったり!!
お部屋で朝風呂の後の「おかゆ」まさにこれぞ湯治ですよ湯治ー!
ここに1週間も滞在したら、体調が良くなりそうだなぁ・・・
f0172386_16433079.jpg

[PR]

# by cao-mei | 2011-01-10 23:00 | 第9次 台湾旅遊

台湾の名湯めぐり 桃源郷の秘湯ミステリーツアー

今回は台湾の山深い場所に位置する温泉の紹介です。
いつもとは趣向を変えて、行き先はヒミツの「ミステリーツアー」風味で。
温泉への入り口は、集集線の水里駅。
f0172386_16562752.jpg

バス乗り場は駅を出てすぐの7-11前にあります。
f0172386_16574082.jpg

旅の始まりは、いい味を出してたレトロ風味の椅子から。
f0172386_16515589.jpg

温泉までのバスは1日に8本。
思ったより多くて嬉しい驚きでしたー!
f0172386_11495859.jpg

毎度おなじみ「秘湯温泉バス旅」のはじまりです。
この瞬間はいつもワクワクドキドキ♪
f0172386_16522542.jpg

水里の町を出ると、大きな橋を渡り・・・
f0172386_15575812.jpg

並走するのは幅広~い川。大雨で流れ積もったであろう砂利の川と化してます。
f0172386_155881.jpg

道路は急カーブも多発!
f0172386_1663395.jpg

山と川がひたすら続く道は
f0172386_16637100.jpg

どんどん標高が上がり・・・
山々を背景にした椰子林の南国らしい風景や、
f0172386_167065.jpg

時折葡萄畑らしきものも見られ、
f0172386_167773.jpg

かと思えば、あっバナナ!だったり、
f0172386_1671241.jpg

次々と車窓を流れる心洗われるような瑞々しい風景に嬉々としていたらば。。。
f0172386_1671874.jpg

現実に引き戻してくれましたこんな山中に便利商店!!
f0172386_1672266.jpg

再度姿を現した砂利の川。
f0172386_1682958.jpg

長く高~い橋におおっ!となり、
f0172386_1675156.jpg

集落にちょっとほっこりしたり、
f0172386_1675614.jpg

茶さんっ!を見つけたりとバス旅もうかうか気を抜けません!
f0172386_169077.jpg

茶どころ鹿谷で知られる南投県、どうやらこの一帯もお茶所の様です。
f0172386_168844.jpg

更にぐんと高度を上げたバス
f0172386_16125033.jpg

温泉のシンボル、巨大吊り橋まで来れば
終点にある桃源郷温泉はすぐそこです。
f0172386_11465880.jpg


ここまでの運賃、日本円で300円あまり!なんだかお得感満載~
て事で、ツアーの目的地は「東埔温泉」でした(o^-')b 
f0172386_16132884.jpg

[PR]

# by cao-mei | 2011-01-09 11:26 | 第9次 台湾旅遊