ほわ・ほわ・豆花まにあっくす~その先の台湾へ


台湾との出会いから今日までの記録です
by 草苺
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新のトラックバック
お気に入りブログ
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2007年 03月 17日 ( 3 )


ロードto清泉温泉 新竹の運ばないクロネコ

南寮漁港の行きに偶然発見した黒猫包、たしかここら辺だったはずと
てきとーにバスを下車。目立つ看板のおかげでほどなく到着!
おお!並んでる並んでる~!
f0172386_13293480.jpg

小姐の軽やかな動きと一緒にふかふかの肉まんが湯気の中から次々にこんにちわ~♪
f0172386_13295738.jpg

行列は意外とすぐはけて自分達の番に。
所が皆さんものすごく大量に買うので、自分達のすぐ前でケースが空に!
でも心配ご無用!お店から次々に出てくる出てくるたくさんの肉まんたちが~!
出来たてのほかほかは格別に美味いー!
アンもギュギュッと肉の旨味がつまっている。(肝心の肉まんがぼけぼけですが・・・)
次に城隍廟が控えているため1個で我慢我慢。
f0172386_1334712.jpg

台湾の特に地方都市では夜道が暗い。地図とにらめっこして城隍廟のある方向へ。
あったー!こうこうと光るお店がずらーっと並んでて、遠くからもよく分かります。
f0172386_13343386.jpg

外観をじーっと観察してたらこんなのがチョロチョロと・・・。おまえはな~に?
f0172386_1335578.jpg
boneさん絶賛のビーフン屋は激混み!
f0172386_13353558.jpg

なのでこちらでも評判の もう一軒で貢丸米粉と乾米粉をー!
ついに念願の米粉とご対~面~!おおこれが本場のビーフンかあ…
ここのは絹糸のように細くて繊細!なのに一本一本はこしがあるので、
いっきにずずっといかずに少しずつ味わう。
おおスープもいいお味のだしがきいててウマイ!
貢丸もすんごく弾力があって、肉団子好きにはたまらんー!!
f0172386_1336487.jpg

汁なしのビーフンは、タレ&揚げネギ?&モヤシといたってシンプルなお姿。
これを一緒に食べると、繊細な麺にタレの複雑な美味しさとネギやニンニクの香りと風味
そしてモヤシの歯ごたえが加わって、何ともよいハーモニーをかもしだすんです。
f0172386_13362783.jpg

このお値段も嬉しいです!このお母さんの笑顔が癒し系でなごめました。
f0172386_1337432.jpg

城隍廟のお店の奥に、一軒とても良さそうな所がありまして。
わりとお客さんの入りが良く、入り口に鮮度のよさ気な海鮮が&かなり売れた模様!
海に近い新竹なら海鮮料理は期待大です。
おまけにシェフ?のお兄さんがフレンドリーでイケ面!はい!ココ大切です~w
f0172386_13373271.jpg

激込みの米粉屋さんで外帯したので、お供に蛤のスープと炒青菜をセレクト。
ここの青菜、生姜がきいてしゃきしゃきでパーフェクトでした!
蛤湯も、あっさりしていますがぷっくりした蛤からうまみがじわーっと出ている!
台湾の蛤湯、あなどれません。
f0172386_1337599.jpg

このスープと青菜、そしてこくのあるつゆがからんだしこしこビーフン!
もう夜も遅いのに、いつまでも箸が止まらーず!!!
完全に食べ過ぎですよね、これはー(汗)
f0172386_13383729.jpg

[PR]

by cao-mei | 2007-03-17 19:08 | 第7次 台湾旅遊更新

ロードto清泉温泉 ぶらり南寮漁港

強い風がビュービュー吹きつけて凧も元気に飛びまくり、
f0172386_14402865.jpg

渋いバンドの皆さんのローカル度満載の演奏あり、
f0172386_13422146.jpg

ちょっとした夜市並みの出店もずらーっと出ており~の
ここは一体どこかと言いますと、
新竹郊外の「南寮漁港の魚市場」でございます。
f0172386_1344616.jpg

言葉を聞かなければ、まんま日本の市場のよう。
パックのお刺身が売られてるところもそっくり~!ちゃんとわさびもありました。
そんな中 熱帯の色鮮やかなお魚たちが、ここは台湾だという事をあらわしています。
・・・それにしても左のさかなの頭だけのやつが謎!
f0172386_13425037.jpg

二階では買った魚貝類を調理してくれるシステムで、
日本でも牧志の公設市場なんかでお馴染みですよね。
どんな感じかぐるっと一周してみましたが、
お店の呼び込みはかなり熱心。というか強引!?
気弱な人にはかわせないかも…。
f0172386_13481676.jpg

私達もお姉さんの迫力にたじたじとなり、席についたのですが・・・
ここ二階にもケースがあって、そこの魚を選んで料理してもらえます。
無難にエビの蒸し物とアサリの炒め物を作ってもらう事に。
海老は塩かげんは悪くなかったのだけど、ぷりぷり感がほしかったかな~
f0172386_13484079.jpg

ふっくらしたあさりは、ニンニクニクニクな豆鼓ソースがからんでなかなかイケル♪
この緑の野菜(何?よくわから~んw)がちとじゃまクサイー!!!
2人して苦労しながらよけて食べましたー。
f0172386_1349254.jpg

階に戻って名産のカラスミなどを物色していると、
隅の方に何やらやたらとお客さんのいるお店を発見。
どうやら魚丸湯がメインのよう。
くやしいことに、2人で一杯しか食べれそうにない・・・。
f0172386_13492538.jpg

キィー!!!こんなことならここでたらふく食べたかったーーー!
頭に来るくらい旨かったんです~!ここの魚丸!!
きゅっきゅっとした弾力と、くせがないいいお味でー!何の魚を使ってるんだろう???
これは4種類の魚丸が入ったものでしたが、
中でもしいたけのあんがぎゅっとはいったのが絶品でした!!
あらかた老公に食べられて、またまたキィー!!!
f0172386_1349483.jpg

おいすぃ~魚丸に会いたい方は、
新竹駅の近くから15番のバスで終点下車しませう。
[PR]

by cao-mei | 2007-03-17 15:07 | 第7次 台湾旅遊更新

ロードto清泉温泉「え~っと、ようやく第三天」

色々な意味で、長かった2日の単独行動もきょうのお昼まで。
まずは冷蔵庫の仙草をずずっと一気にやっつけて、
まだ寝ている宿のオーナーをたたき起こし、
てけてけ歩いて建国花市へと向かいました。

ここではお茶が買える場所があり、
開店準備中なのに、お店の奥さんはとても親切。
丁寧に何種類ものお茶を試飲させてもらい、
150gずつの小分けにも心よく応じてくれた。うるうる。
f0172386_13232733.jpg

宿に戻り、今夜の宿を決めようとあちこちへ電話。
ですが、目星をつけた内湾や竹東の宿は全敗!
最後の切り札新竹の旅社をどうにかおさえたら、
もういい時間でビックリ!
荷物をピックアップして急ぎ老公を迎えに空港へ。

そんな中、台北站の近くに胡椒餅の支店があるので、すかさずブツをゲ~~ット。
f0172386_13241652.jpg

お持込で、初の莒光号に乗り込む。 
ここのはもっちりした香ばしい皮と、スパイシー塩胡椒でシンプルな直球勝負のアンが
どぉ~んと入ってて、それはそれは食べ応えがありました。
小食な女性は「満腹注意報」でしょう~。
f0172386_13243139.jpg

莒光号は椅子がゆったりしていて、乗りごこちもよく、アーっという間に桃園に到着。
もっと乗っていたかった~!のですが、老公が待っているためそうもいかず・・・
f0172386_13251762.jpg

あわてて駅前から空港行きのバスに飛び乗ったら!?
こーれーがー、30分位で着くだろうという予想を大きく裏切り、
あちこち止って空港までかかった時間、なんと一時間以上!!!
やーらーれーたー!!!
大幅に遅刻してロビーでしばらく老公を探すと、遠~くのほうから見覚えのある姿がっ!
会えてよかったー!それからぐるぐる空港を三周もさせてホントーにすまんっ!
時間のロス&空港から新竹間はアクセスが超めんどうなので
この後は時間をお金で買うという苦肉の策。
(っていうとなんだかカッコいいのですが、タクっただけ)
1500元強という散財をしたわりに、あまり時間の節約も出来ず余裕もなくなったので
新竹の近場でおもしろそうだった場所へ出向いて見ることに。

その場所とは?
f0172386_13255693.jpg

えっ?おもしろそうとか言っている割に閑散としてませんかって?

たしかに少しばかり寂しい場所ではありますが、
こんなのもいたりでちょっと笑えました。
(・・・カメラ目線なのがなんかヤダ~!)
f0172386_13262980.jpg

[PR]

by cao-mei | 2007-03-17 09:06 | 第7次 台湾旅遊更新