ほわ・ほわ・豆花まにあっくす~その先の台湾へ


台湾との出会いから今日までの記録です
by 草苺
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新のトラックバック
お気に入りブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2004年 12月 12日 ( 4 )


3度目は女2人旅 第四~五天 打ち上げ&打ち足!!

充実した旅の最後は、打ち上げを兼ねてあの「欣葉」で晩ご飯。
とろける魯肉や、蝦のすり身を湯葉で巻いてからりと揚げた物など
お料理はさすがにソツが無い印象です。
f0172386_15312697.jpg

何分2人なので、お客さんが出たり入ったり人気店ゆえからの慌しさに
落ち着かないね~といった気分で早々にホテルへ。
明日は帰国だしパッキングもしないとね・・・とカバンをガサゴソ整理し始めました。

と、ここで友人に頼まれた菊花茶を買い忘れていた事を突然思い出す私。
「あ~~困ったどうしよう・・・。そうだ!勝立百貨店なら夜遅くまで空いてるよ!」
f0172386_1691995.jpg


あせっていたせいか、
台湾では要注意のひとつ「足元を見ないで走ると危ない」と言う事をやってしまい、
みごとに段差で足を「くきっ」とねじってしまう・・・
ヒーっ!(大泣)

部屋に帰って、冷凍庫にあった食品でとりあえず冷やして見ました。
ですが、みるみるうちに腫れる足首!痛くてどうにもこうにも歩けない!
夜もずっと冷やし続けた結果、どうにか翌朝は痛みも和らぎ
ダンボールを芯にタオルでぐるぐる巻きにして何とか帰国出来ました。
(帰国後病院に行ったら「ねんざ」と言われひと安心・・・)
Cちゃんには最後の最後に心配をかけてしまって、ほんとうに悪かったなぁ・・・

以来、どんなに急いでいても台湾では走らなくなりました。
それと、旅行カバンには大判のシップとサポーターを必ずしのばせているのです。
[PR]

by cao-mei | 2004-12-12 21:32 | 第3次 台湾旅遊

3度目は女2人旅 第四天 大正レトロな三峡老街

広場から廟の裏手に回り込むように進むと、
三峡の老街がある通りに出てきました。
f0172386_15191968.jpg

赤レンガの古い建物は、日本の大正時代くらいのものだとか。
f0172386_15194444.jpg

この時は、残念な事にあちらこちらで工事の真っ最中。
(今では綺麗に整備されているみたいですね)
f0172386_1520941.jpg

それでも随所に当時の面影を垣間見れて、これぞタイムスリップ!
f0172386_15204065.jpg

店先の回廊が、また良~い雰囲気。
f0172386_15211746.jpg

昔の自分が飛び出して来るのではないか?
そんな錯覚さえ起こしてしまいそうな、どこか懐かしい風景。
f0172386_15242196.jpg

整備された老街はどんな風に変わってしまったのだろう。
f0172386_1522228.jpg

この日出会った景色はそのまま残っているのかな・・・
ぜひその面影を残していて欲しい・・・と願いながら、
未だ未訪のままでいるのです。
f0172386_15222417.jpg

[PR]

by cao-mei | 2004-12-12 17:58 | 第3次 台湾旅遊

3度目は女2人旅 第四天 三峡のゴージャス祖師廟

鶯歌から程近いところに「三峡」という街があります。
ガイドブックで見所も多いと事を知り、
鶯歌駅から桃園客運のバスで向かいました。
文化路で降りて祖師廟を目指しましたが、
ちょうど周辺では大々的に工事をしており目標物が見当たらない!
通りががった人に道を聞いたりして、ようやくたどり着きました。

「まあ!なんて豪華な廟なんでしょう~~~♪♪」

f0172386_14541697.jpg


たまたまいらした日本語が達者なお父さんの説明では、
創建は清の時代(1769年)で、台湾でもNO1の彫刻と言われているとのこと。
確かに、これまで見た廟の中でも「ひときわ突出した感」があります。
f0172386_0114975.jpg

屋根、柱、内部とすべてが壮麗。
廟がまるごと芸術品で、ほんとうに素晴らしかった!!
f0172386_0121356.jpg

廟の前には広場があって、
そこの門の向こうには三峡川に架かる大きな橋が。
よ~く見ると、橋の上には何やらお店が沢山出ていて賑わっている様子。
好奇心センサーがピピッと反応したのか
行って見よう行って見よう!と、がぜんやる気モードの私達。
f0172386_0123694.jpg

果たして欄干には、これ何?なモノたちが並んでる・・・
f0172386_0125525.jpg

近くによると、狛犬!しかもヘルメット着用中~
そして妙にラブリー☆
f0172386_0132665.jpg

せっかくなので、立ち並ぶお店で何か買おうか~と意見が一致。
f0172386_0134723.jpg

台湾で初の「花枝丸」を食べて見ました。
イカの味はさほど強くはありませんが、出来立てなのでホカホカ~
f0172386_014746.jpg

ぶらぶらとお土産屋さんをひやかしながら、スタートの広場へ戻り
豆花屋さんでほっこり。
素朴な豆花でしたが、歩いた後の甘味はまた特別に美味しく感じます。
f0172386_0143060.jpg

[PR]

by cao-mei | 2004-12-12 16:33 | 第3次 台湾旅遊

3度目は女2人旅 第四天 鶯歌で絶品の鴨に出会う

4日目はまた電車で日帰り旅。
お茶器を買いに鶯歌まで出向いて見ました。
台北から普通列車にゆられて約30分あまりと、ちょっと出向くには程よい距離です。
車両の渋さが泣かせるではありませんか・・・
f0172386_23251944.jpg

着いた鶯歌の駅前には、SLがどーんと。
この当時駅のまわりはそれ以外「これ」といったものが無くて
ちょっと寂しく感じたのを覚えています。
それにしても、レールが無いのにどうやって運んだのか???
f0172386_23254575.jpg

陶器街まで距離はそう遠くないため徒歩で。
途中交通量の多い道では、渡るタイミングが難しくて立ち往生!
やっと着いたらそこは思いっきり観光地。大勢の人で賑わっていますよ。

食べ物の屋台もけっこう出ていて、初のトマト飴体験~♪
子供の頃トマトにお砂糖をかけていた事もあり、
フルーツ感覚で美味しく頂きました。これは「アリ」でしょうー!
f0172386_2326841.jpg

さて、肝心の陶器を探さないと・・・
Cちゃんも欲しいものがあるため、時間を決めて各自でお買い物タイムです。
お茶器を捜し求めて端から端へとお店を見て回る事にしました。
毎度おなじみ、メモ作戦の始まり始まり~!
f0172386_23263268.jpg

お店によって扱う品物のレベルや品揃えが異なるので、
あちこち見て歩いて「これ!」という茶器に出会えるまでが結構大変!
合羽橋道具街での買い物と通じるものがありますね~
f0172386_2327094.jpg
 
行きつ戻りつ探した甲斐あって、
ようやく欲しいものをすべて手に入れほっと一息。
f0172386_23272134.jpg

陶器街の奥にあったこちらのお店は、
センスの良い品物が割安で売っていて対応も親切。
途中で引き返さなくて良かった・・・
f0172386_18462310.jpg


かなり満足の買い物を終えて、お腹も空き始めました。
駅からの道すがらチェックしていたお店へ行こうか~と言う事になり、
入ったのがこちらの鴨料理店。お客さんの入りもいい感じです。
f0172386_23303176.jpg

鴨・炒青菜・鴨麺とシンプルに看板料理をオーダー。
訳がわからず鴨一羽分という私達に、
「それでは多すぎるよ~」と適量をアドバイスしてくれる親切な老板。(店の主人)
f0172386_2331187.jpg

骨が邪魔なのを除けば、鴨は味わい深くて弾力もありとても美味しかった!
あっさりした麺に入れたりしてもGOOD!
シャキシャキの青菜と共に、大満足のランチとなりました。
f0172386_23314585.jpg

[PR]

by cao-mei | 2004-12-12 15:19 | 第3次 台湾旅遊