ほわ・ほわ・豆花まにあっくす~その先の台湾へ


台湾との出会いから今日までの記録です
by 草苺
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新のトラックバック
お気に入りブログ
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

初夏の南台湾旅 第二天 女性限定のお宿 河童屋

今宵の宿は、宿主のトリーナに会いたかったので
昨年もお世話になった河童屋さん。

場所が移動していて、MRTの最寄り駅も大安駅から科技大樓駅に変わりました。
こちらの宿は「ホームステイ」形式なのだそうです。
色々あって、今は日本人の女性のみの宿泊になったとか。

1人~2人くらいで泊まるのには、とてもオススメです。
他にお客さんがいなけれ3~4人のグループもアリかな。

宿主のトリーナは、日本語が堪能で美味しい物も大好き!
日本の話や近所のどこそこのお店がオイシイとかの話で夜中まで盛り上がり、
1人旅とは思えないアットホームな雰囲気を味わえました。

台湾の女性のお家にお邪魔しているような気分にさせる、かわいいリビング。
ここでお茶を飲みながら、のんびり明日の予定など立てるもヨシ!
f0172386_1718247.jpg

クーラー完備のお部屋。こちらはベッドのタイプ。
シンプルですが清潔で快適。大学が近いためか、夜も静かでした。
f0172386_17182877.jpg

反対側は窓が大きく取られているので、お部屋も明るい。
ちなみに、パジャマや歯ブラシは持参で・・・なのですが、
1泊980元(食事は付きません)というお値段、かなり納得です。
f0172386_171914100.jpg

共同のお風呂&化粧室。こちらもカワイイ雰囲気。
普通ドミあたりだとシャワーのみの所が多そうですが、
バスタブでゆったりくつろげるのが個人的に気に入っている点です。
f0172386_17193587.jpg

科学大楼から徒歩10分くらい?大学の横を通る臥龍街を入ってほどなくの場所。
f0172386_1720547.jpg

静かな場所ですが、セブンイレブンが至近というのが旅行者には嬉しいポイントです!
f0172386_0102855.jpg

そしてここからタクシーでワンメーター、お粥横丁で朝ご飯も可能!
トリーナからプッシュされたのは「永和豆漿大王」
f0172386_17284714.jpg

朝から活気に満ち溢れる店内。
この日は地モティーっぽいお客さんがほとんどでした。
f0172386_1721316.jpg

頂いたのは台湾の朝マック?鹹豆漿&焼餅。
こんなヤキモチならエブリタイムOKよ~!
こちらの鹹豆漿は干し海老のダシが効いてて、とても美味しかったです!
f0172386_17251928.jpg

焼餅はもちろん加蛋で~。
さっくりしたパイ生地とふんわり卵焼きのやさしいお味。
いいなぁ・・・台湾の朝っていう感じで・・・
f0172386_17253481.jpg

お店の前は広い復興南路。
流しのタクシーもすぐにつかまりました。
暑い日だったので、買出しに直行出来て助かったー!
f0172386_17205855.jpg

[PR]

by cao-mei | 2008-05-28 22:55 | 第8次 台湾旅遊
<< 携帯からひと足お先の現地実況シリーズ 蕭敬騰のCD発売には届かず・・・ >>