ほわ・ほわ・豆花まにあっくす~その先の台湾へ


台湾との出会いから今日までの記録です
by 草苺
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新のトラックバック
お気に入りブログ
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

台湾との出会い旅第二天 鉄道とバスで基隆&九イ分

2日目は直通バスで台北から郊外を目指します。
まず最初に向かったのが基隆。

台北駅の近くにある国光バスのターミナルからは、
ひんぱんに基隆行きが出ていて、所要時間も1時間を見ればほぼOK。
初心者にとって、実は海外の鉄道というのが以外と難敵だったりするので、
この直行バスはとても利用価値が大きい。
f0172386_15285083.jpg

淡水河の流れや、ビル群が緑多い住宅地に変わっていく風景を眺めていると
あっという間に基隆駅まで来てしまいました。
f0172386_17523957.jpg

次は駅前で路線バスに乗りかえて金爪石へ。
このバス停、ちょっと分りづらい所にあったのですが、
有難い事に親切なおじいさんがバス停まで案内して下さった。
金爪石へは、まずバスで瑞芳→そこから金爪石行きのバスに乗り換えるらしい。
f0172386_1759966.jpg

分らなくなったら筆談で!とメモを握り締めて乗車。
瑞芳に着くと、ほとんどが九イ分に行くお客さんだったので
あっけなく乗りかえ完了~
九イ分で降りるお客さんを見送って、後は金爪石までバスに揺られて行きました。
山を越えて着いたのが、かつて炭坑の町として栄えた場所「金爪石」
町では今でも当時の面影を残しています。
トロッコの線路、日本家屋、山の上には神社の跡が・・・
f0172386_19144516.jpg

「非情都市」という映画の舞台だった事で知られる九イ分。
「千とちひろの神隠し」のモデルにもなっているのだとか。
観光客の肩と肩がぶつかりそうに狭い路地には、
お土産屋さんがずらりと並び、
そぞろ歩いているだけでもうワクワク。

両脇にはエキゾチックな家並みが続く、海を臨む高台の階段。
そのうちの一軒「阿妹茶屋」の窓から、お茶を飲みながら眺めたのは
悲しげな雲の下に広がる絶景。
わざわざ台北から足を伸ばすのに値すると言えましょう。
f0172386_19103095.jpg


九イ分観光の後は、またバスで瑞芳まで。
乗りかえで基隆に戻り「美食の宝庫」基隆夜市の晩ご飯タイムです。

基隆で有名なのがデンペンツォという独特の麺。
ニンニクの効いたあっさりスープに浮かんだ板状の麺は、
くるくるっとカールしていてカワイイ。
慣れるまでは食べづらいのですが、大好きなひと品です。
廟の両脇に2軒お店があって、毎回どっちにしようか迷うのですが
何故かいつも向かって左側ばかり。ずーっともう一軒が気になっています。
f0172386_18411483.jpg

帰りは基隆駅がシンプルなのと、目的地が台北と分りやすいため電車を利用。
販売機の前で「全票」「半票」の違いが分らなくて悩んだりしつつも、
快速並に早い列車で快適に台北駅まで戻れました。
f0172386_2375018.jpg

[PR]

by cao-mei | 2002-02-10 17:47 | 第1次 台湾旅遊
<< 台湾との出会い旅 第三天 MR... 台湾との出会い旅 第一天 台北... >>