ほわ・ほわ・豆花まにあっくす~その先の台湾へ


台湾との出会いから今日までの記録です
by 草苺
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新のトラックバック
お気に入りブログ
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

台湾最南端温泉旅 第五天 関仔嶺温泉・仁恵皇家温泉山荘

嘉義でご当地グルメを満喫したので、
心置きなく今夜の宿「関仔嶺温泉」を目指せます。
「関仔嶺温泉」は台湾でも珍しい泥の温泉で
旅行者にとって比較的アクセスしやすく、最初の基点は台鉄の嘉義駅。
f0172386_1830376.jpg

余裕のある方は嘉義から直接タクシーか、
又はバスで白河まで行きそこからタクシーで行く方法も。
私達は中山路にある「嘉義客運駅」から
f0172386_11543655.jpg

白河経由の「関仔嶺温泉行き」バスで向いました。
温泉行きバスの本数は、ほぼ1時間に1本程度です。(2010年6月の時点)
f0172386_11561540.jpg

窓口で1時間後のチケットを購入し、
待ち時間があれば嘉義グルメを楽しむのもなかなかです。
f0172386_1831547.jpg

関仔嶺温泉までは下校途中の台湾JKで満員のローカルなバスで1時間~
f0172386_18131920.jpg

途中、ローカル色の濃い白河の町を散策するのも楽しいかと。
f0172386_18135041.jpg

白河からはどんどん標高が上がり、山の奥へ奥へとバスは走ります。
f0172386_18141189.jpg

本当にこんな山の奥に温泉が?と不安になったあたりで
温泉の目印「宝泉橋」が見えてひと安心。
f0172386_1814356.jpg

この辺から渓谷沿いに宿が並ぶ「関子嶺温泉」に到着です。
f0172386_18195873.jpg

旅館の前で必死に呼び込みするお姉さま方を振り切って
この日泊る事にしたのは以前外湯した事のある「仁恵皇家温泉山荘」
f0172386_18163767.jpg

「山荘」という名前だけあって、コテージ風の作り。
シンプルながらお部屋もベッドも余裕の大きさで、
f0172386_1817320.jpg

各種備品と奥には部屋風呂&洗手間付きでした。
f0172386_18244550.jpg

もちろん部屋風呂でも、ドバドバと出る泥温泉が楽しめちゃいます♪
f0172386_18172530.jpg

私達は時間が無くパスでしたが朝食込みでで一泊1800元
英語が出来る小姐はフレンドリーだし、バス停やお店にも近く
(2011年の時点ではお店が変わったとの情報アリです)
おススメできる宿だと思います。
f0172386_18174542.jpg

いよいよ7年越しの泥温泉。なんとこの夜は大きな露天が貸切でした。
(ちなみに前回も貸切)
小さいほうは水風呂。もしかしたら上がり湯かもしれません。
f0172386_1818714.jpg

きめ細かな泥がたっぷり含まれた泥湯は「美人の湯」らしいです。
湯加減はちょうど良いので長湯必須。
何せ関仔嶺温泉はどっしりとした強い泉質なので、
上がったあと翌日まで体がダルダルになってしまいました。
f0172386_18182666.jpg

翌朝上階のお部屋から下を見ると、また別の露天風呂が。
f0172386_18185215.jpg

ここも温度が低いので、暑い時期に入ったら気持ち良いんでしょうね~
f0172386_18191526.jpg

翌朝と言えば、驚いたのがお肌のつるつる感!!「美人の湯」恐るべしです。
f0172386_181557.jpg

[PR]

by cao-mei | 2010-05-31 16:53 | 第11次 台湾旅遊
<< 台湾最南端温泉旅 第六天 高鉄... 台湾最南端温泉旅 第五天 嘉義... >>