ほわ・ほわ・豆花まにあっくす~その先の台湾へ


台湾との出会いから今日までの記録です
by 草苺
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新のトラックバック
お気に入りブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

初夏の南台湾旅 第六天 行く先々でKYな私?その2

台湾の地方にどっぷりはまっていても、
旅の間最低一泊は台北に滞在したい理由のひとつが買出しです。
f0172386_22143925.jpg

台北の乾物問屋が集まる「迪化街」では
買い物というレベルを越えつつあり、
そのうち買い付け?になる日が近そうな勢いで
怒涛の買い物行脚だと一目瞭然な↓の図。
f0172386_21464835.jpg

「迪化街」は歴史のある石造りの建物が通りの左右に並んでいて、
買い物以外でもなかなかに楽しく散策できるので
いつもふらふらと歩き回ってしまいます。
f0172386_21494536.jpg

そう言えば、某ネオリさんの所でお勧めの魚丸湯屋さん
「佳興魚丸店」もこの辺だったはず・・・?
f0172386_21462226.jpg

とキョロキョロしてたら発見!
お客のおじさんのエコバック、ポップで可愛い!
(・・・ってチェックするのはそこじゃなくて。)
なんとも味わい深い店構えですねー。
f0172386_21504112.jpg

良い意味ローカルな雰囲気の店内では、
皆さんもくもくと魚丸を作っている最中。
同じ大きさの丸いお魚団子が手早く出来上がるのを
眺めながら魚丸湯が来るのを待つのもなんかオツ~
f0172386_22192190.jpg

で、こちらの魚丸。ふんわりした弾力が絶妙です。
台湾ではデフォルトみたいですが、
中にしっかり味付けされたひき肉が入っているのも斬新!
個人的にはこの組み合わせ「ありえなくない?」と却下しそうなだけに
驚きの美味しさでした。
f0172386_2156516.jpg

薬味のセロリと魚系のダシがきいたあっさりスープが
更に魚丸のクオリティーを引き立てるあたりはさすが老舗!
台北ミシュランがあれば、わざわざ立ち寄る価値があるってことで
星は固そう。
f0172386_215528100.jpg

更に、迪化街の行き帰りには避けて通れない

        「古早味豆花」

ここを無視するのはもはや隠れキリシタンに対する踏み絵に等しい!
ええ、豆花好きリシタンの草苺にはぜーったい踏めません!
f0172386_2157287.jpg

間違いなく「来台の大きなモチベーション」のひとつ(キッパリ)
熱い(又はウザい)想いをひめつつ満面の笑みでお店に突入です。

種類豊富な自家製トッピングの数々!
気分的には全部乗せ!ときたい所ではありますが・・・
そこは心を鬼にしての「仕分け」どころ。
f0172386_21574782.jpg

(もとはと言えばここのオーダーをスムーズにしようと始めた中国語で)
小姐に注文を済ませ、
豆花の入った丼を目の前にした時の幸せと言ったら・・・

この大豆の風味が、立ちすぎなくてまろやかさで、
とろっとしててほわほわでとっても美味しいです!!!(堀君のパクリ)
f0172386_2158375.jpg

今回トッピングのレギュラー、紅豆&蓮子はすんなり決まりましたが
3種類目のゲスト枠でいつもの花生or緑豆からちょっと冒険。
地瓜を選んでみました。
ほんのり甘くてやわらかい!基本豆、芋系は鉄板だと再確認。
f0172386_2233632.jpg

たぶん美味しくて
ハァ━━━━━━;´Д`━━━━━━ン
なオーラを撒き散らしながら食べていたに違いないよ我。
f0172386_2159341.jpg

[PR]

by cao-mei | 2008-06-04 11:30 | 第8次 台湾旅遊
<< 初夏の南台湾旅 第六天 在台マ... 初夏の南台湾旅 第六天 行く先... >>