ほわ・ほわ・豆花まにあっくす~その先の台湾へ


台湾との出会いから今日までの記録です
by 草苺
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
タグ
検索
最新のトラックバック
お気に入りブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

初夏の南台湾旅 第五天 極楽な朝風呂 宝来温泉

夜にも温泉に入ったのですが、なんせ暗くて景色が見えない。
なので、朝風呂がとーっても楽しみでした。
f0172386_2341881.jpg

ちなみに水着着用&帽子も忘れずに!の台湾スタイルです。
外来客用に更衣室もバッチリ完備。抜かりはないですぞー
f0172386_2375758.jpg

温泉プールを除いて露天風呂は3つ。
ここは冷泉のようで、温度は低め。
f0172386_22591164.jpg

で、渓谷を見渡せる位置にある露天風呂が

        超気持ちイイ~~~

(最近北島語録がハマルなぁ・・・)
f0172386_2257672.jpg

もうひとつの露天風呂で気に入ったのはぬる~い「寝湯」
わずかにぬるりとしている他は、クセのないお湯でした。
あまりに気持ちよくてほんとーに寝てしまいそうに。(おぼれるって!)
f0172386_22561379.jpg

暫くゆるゆると湯浴みした後は、デッキチェアでごろごろと。
木々でさえずる鳥の声と、渓谷から吹く風がなんとも心地よく・・・
今度こそホントにウトウト~
f0172386_2321946.jpg

ぶっちゃけ一日お風呂→ごろごろ→お風呂→ごろごろ・・・
でもいいかなぁーな気分でしたが、
今日は他に気になる場所が控えていたので泣く泣く撤収。
f0172386_23175224.jpg

まずは南部横貫公路上の甲仙まで移動せねば~。
・・・ところが、やっかいなことに
宝来から甲仙行きのバスが無くなってしまって足が無い!
英語の出来るオーナーに相談したら・・・

宿のヤリ手婆女主人、がぜんやる気満々になって
「1000元を前払いすれば、知り合いに車で送らせる」と。
う~~んどうしよう・・・相場が分からないので難しいトコロ!
f0172386_23124659.jpg

バスで一回六亀まで戻って、そこからまたバスで甲仙まで行く方法もあるんだよね~
とはいえ甲仙から玉井までの交通がまた不便だし・・・
結局交渉して甲仙から更に玉井まで送ってもらうという事になり、
ようやく自分の中でも納得。
我ながらだんだんパッカーっぽくなってきたよ・・・

(それにしても、露天風呂脇のサルスベリの花の巨大さには驚いたー!
日本のサルスベリの5倍位はある~)
f0172386_2395119.jpg

[PR]

by cao-mei | 2008-06-01 09:30 | 第8次 台湾旅遊
<< 初夏の南台湾旅 第五天 甲仙の... 初夏の南台湾旅 第五天 食事で... >>